暮らしのヒント

共働きで食事作りに時間が掛けられず、料理が苦手な私はお総菜に逃げていました。

でも、3歳の子供が保育園でお友達とトラブルを起こすようになり、保育園の栄養士さんの指導もあって、手抜きや時短でも栄養を確保する技を身に着けました。

小学生以上ならまだしも、未就学児だと時間の戦いでやりくりに困る方は多いです。

ママ友や同僚や先輩たちにもお話を伺ったので、子供の食事作りに苦戦している方は参考にしてみてください!

スポンサーリンク

共働きでも子供の食事に苦戦しないで済む3つの方法

ぶっちゃけたことを言えば、お総菜や冷凍食品やインスタントものに頼るのが最も苦戦しないで済む方法です。

でも、味付けの濃さや添加物のことを考えたことがなかった私は、子供に大きな影響が出たことが切欠で、夫と協力しながら口にするものはできるだけ手作りで通すことにしました。

平日の献立を週末に考える

我が家の場合、私より夫の方が料理は得意です。だから、献立を考えてメインの調理をするのは夫の役割。

土曜日はおでかけの日とし、日曜日に全ての仕込みを行います。

献立の作り方は、アレンジの効く常備菜の使い回し!

例えば、「ゆで鶏」「合いびき肉のミートボール」「塩サバ」「ブリのみそ漬け」「ひじきの煮物」「ゆで野菜」を先に作ります。

冷蔵で日持ちするものは冷蔵で、日持ちしないものは冷凍でストックに。

作り置きをした後に、平日の朝と夜にうまく組み合わせて調理ができるように献立を立ててもらいます。

料理が得意な方は、ご自身で献立を考えてください。作るものが決まっているので、平日は何も考えずに済みます。

アレンジする時は子供が寝てから調理をしますが、夫ができるだけ調理の手間を省ける献立にしてくれているので助かっています。

ご飯はまとめて炊いて、大人が食べる分と子供が食べる分に分けて冷凍です。

みそ汁の出汁を食べて一品換算

出汁を取るなんて面倒だと思っていた私。

でも、栄養士さんに「出汁は立派なタンパク源だから、大いに活用した方がいいですよ」と言われて取るように。

以前は出汁を取って冷凍をしていたのですが、これがそんなにおいしくない(笑)。

そこで、我が家では出汁を取るという概念を捨て、みそ汁の具材として食べるという方向に持っていきました。

かつお節の日、煮干しの日、さば節の日など。一緒に食べれば魚を食べたことになります。

子供は煮干しを食べるのだけは嫌がりますが、みそ汁は飲んでくれます。

「そんなの面倒」という方は、みそ汁を作った後にかつお節とかいわし節とかを入れるといいですよ!

みそ汁を飲まない方が増えているみたいですが、みそは大豆を発酵した立派なタンパク源(これも栄養士さんの受け売り(笑))。そこに出汁と野菜が入れば最強!

ふりかけとソースを使い回す

みそ汁を飲むようになってから、必ず出汁の素になるかつお節や煮干しがストックされています。桜エビや切りイカも結構おすすめ!

これらをフードプロセッサーで粉砕し、ごまを混ぜて2,3種類のふりかけを作っておきます。注意点としては、毎日同じにならないよう、面倒でも単品で作ります。

ゆでただけの野菜にふりかけるだけ。ご飯に混ぜるだけ。

ふりかけは、週末のお出かけ用おにぎりにも活躍します。

ソースは、トマトソースやミートソースなどその時々で。

パスタにかけたり、グラタンにしたり、シチューにしたりとバリエーションが豊富です。

手作りだとそんなに調味料も入れずに済むので、子供も大人も同じ味付けです。

濃いめの味が好きであれば、大人は後から調味料を足せばいいだけなので、作っておくと便利ですよ!

スポンサーリンク

我が家のタイムスケジュール

夫の勤務時間:9:30〜18:30(残業約2時間)
私の勤務時間:9:30〜18:30(残業なし)

夫が通勤に40分、私が通勤に20分なので、夕飯の準備は必然的に私の仕事となっています。

子供のお迎えは19時頃。20時にはぐずり出すので、それまでに食べさせなければいけません。

19時半くらいまでには食べさせたいので、調理に使える時間は15分〜20分。

以前は時間がかかっていたので、疲れた日はお総菜や冷凍食品を活用していました(それでも時間はかかっていた(笑))。

今は温めるだけということがほとんどなので、10分もあれば準備完了です。

朝食の準備は夫が担当。子供が準備は私じゃないと嫌だと言うため。

以前の朝食は子供は総菜パンや菓子パンと牛乳、大人は総菜パンや菓子パンとコーヒーという組み合わせが多かったです(これ、栄養士さんにやめた方がいいと言われました)。

今は混ぜご飯(ふりかけやひじきの煮物など)と具材がたっぷりのみそ汁にして、時短かつ栄養がたっぷりを心がけています。

共働き夫婦が使うべき料理の手抜き方法

我が家の場合、夫が協力的なのでなんとかなっていますが、非協力的でお母さんだけが必死になっている家庭も多いです。

手抜きしながら栄養を考えるとなると、それこそ頭は沸騰するはず!

そこで、周囲の人たちにも協力してもらって、手作り料理での手抜き方法を教えてもらいました。

食材宅配サービスを利用

圧倒的に多かったのが食材宅配サービスです。

決まっているメニューで注文するから無駄がないということで人気が高いです。

使い切れるので、食材が余るといった無駄も省けます。

ただし、私のように料理が苦手な人には不向きな気がします。

帰宅してからチャッチャと作れる人や、子供が寝てから料理をするのが苦じゃない人向けですね。

「ボリュームが足りない」「予定変更で調理しない日でも届く」といったデメリットもあるようですが、そこは工夫すればどうにでもなるでしょう。食材をプラスするとか、注文していない日に使い回すとか。

家事代行サービス

たった1人しかいませんでしたが(笑)、家事代行サービスを定期的に利用している先輩がいました。

試しに利用してみたけれど、「味付けが合わない」「割高だし、自分でなんとかしようと思った」「他人が家に入るのが苦痛」などでやめた人もいました。

  • 料理の味にこだわりがない
  • 金銭的に余裕がある
  • 他人の出入りが苦じゃない

このような方は大いに利用した方がいいですね。

調理をしないで済む一品

納豆、冷奴、もずく、玉子豆腐などの出しただけで食べられるものをストックしておくという方も多いです。

もちろん、添加物を気にしていない方は、インスタントやお総菜を一品だけでも取り入れるという方もいます。

あとは、「困った時の刺身頼み!」という方も。子供に生ものを食べさせない家庭の場合は、大人は刺身で子供はグリルでという方法がおすすめです。

我が家は子供が小さいので納豆と刺身くらいしか取り入れていませんが、調理をしないで済む一品の存在は大きいです。

刺身は耐熱皿に並べてオリーブオイルと塩だけで焼いてもおいしいし、マヨネーズ焼きにしてもおいしいですよ!

スポンサーリンク

共働き夫婦は食事作りの時短に投資が必要

共働き夫婦の食事作りには、時短に貢献してくれる調理器具や調理家電の存在が大きいです。

我が家も少しずつ投資をしています!

  • 冷凍庫または冷凍庫が大きい冷蔵庫
  • 圧力鍋
  • スロークッカー(ツインバード スロークッカー、ヘルシオ ホットクックなど)
  • 保温調理器(シャトルシェフ、スープジャーなど)
  • 鋳物ホーロー鍋(ル・クルーゼ、ストウブ、バーミキュラなど)
  • 高機能オーブンレンジ

など

とりあえず、圧力鍋と保温調理器だけは購入しました。

私の周りでも、手作りを頑張ってるママさんやパパさんたちは調理器具や調理家電に投資しています。

この投資は、普段の食事作りを手抜きしつつ、子供の健康や自分たちの健康を守るのに絶対に必要です。

我が家は今後、冷蔵庫を買い換える予定!

「共働きで子供の食事作りに苦戦」のまとめ

子供が友達とトラブルを起こすことから始まった我が家の食事改善。

共働きで、ほぼ手作りの食事を実践するのは大変といえば大変。

でも、しっかりとした食事をとる事で子供は穏やかになり、私たちも疲れにくくなったのです!

たまには外食もしますが、お総菜や冷凍食品の使用率はゼロになりました。

共働きでの食事作り、特にワンオペ育児だと大変ですが、未来の健康を守るためにも頑張っていきましょう!

文責:えりな

スポンサーリンク

この記事を書いた人

A.o
A.o