暮らしのヒント

子育ての悩みを一人で抱えてしまうとつらいですよね……。私は育児ノイローゼの一歩手前までいきましたが、専門機関に相談して話を聞いてもらうことで気持ちが楽になれました。

つらい時期を乗り越えた私自身の経験をまとめてみたので、育児放棄をしてしまいそうな方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

子育てがつらいのはおかしなことではない!

初めての育児であれば、慣れない子育てに時間だけが過ぎていき、自分の時間がほとんど持てないまま子育てに追われるようになります。

しかし、赤ちゃんの成長を見るのはうれしいと感じるものの、急に涙が出てきたり、どうしていいかわからなくなったりするお母さんは多いです。

最初に当たった壁

私が子育てで一番につらいと感じていたのは、娘が赤ちゃんの時でした。

授乳とオムツ替えを繰り返して、やっと寝たから自分も横になろうとした途端に泣き叫んで、一晩も泣き続けた事もあってヘトヘトでした。「なんで寝ないんだろう?一晩中泣いて、どこかがおかしいのかな?」と、不安で仕方ない日々が続きました。

泣き方も“火のついたように泣く”といった表現がピッタリでした。ギャーギャーと夜中に泣くので、静かな深夜に泣き声が近所中に響き渡っていると思うと、「早く泣きやませないと虐待していると思われる」と気持ちが焦って精神的に参っていました。

「泣くのは赤ちゃんの仕事だ」とよく聞きますが、実際に泣き続けていて、抱っこしてもオムツを替えても泣きやまなかったら、ママは疲労がたまりますよね?四六時中、子どもと接していない夫にはなかなか理解してもらえず、どうしていいかがわからなくなるのは当然のことです。

子どもが小さい頃は、私がトイレに行って姿が見えないと泣いてしまったり、抱っこで寝てしまった後に布団で寝かせようとした瞬間に泣いてしまったり、泣き声だけで気が狂いそうになったことがよくありました。

子育てのつらい悩みを抱え込まないで!

子育て中に起こる悩みを、「みんなが通る道だから」「子育ての悩みなんてただの甘え」などと自分で言い聞かせていませんか?私はこのタイプで、だいぶ自分のことを追い詰めていました。

旦那さんに相談しても、「仕事に比べたら楽しいだろ」と言われてしまう人も多いと思います。結果的に誰にも悩みを打ち明けられずに一人で悩みを抱えてしまい、「誰にも理解してもらえない」とどんどんふさぎこむと、育児ノイローゼになる可能性が高くなります。

育児ノイローゼは特別な病気ではありません。育児中の母親なら誰にでもにもあり得る症状です。「自分の子どもなんだから、一生懸命に育児をしないと!」と頑張りすぎてしまい、知らず知らずのうちにストレスを積み重ね、気付いた時には症状が悪化してしまいます。

今現在、「誰とも話さずに育児だけをしている」「悩みを打ち明ける人がいない、もしくはできない」といった状況ではありませんか?誰にも育児の悩みを打ち明けずにいると、一人で背負ってしまい、子どもに暴言を吐いたり育児放棄をしてしまったりといった悪循環が起こります。

子育てがつらいと感じる日が多い方、気持ちが落ち込んでいる状態が長期で続いている方は要注意です。つらい気持ちは誰かに相談すると気持ちが落ち着いて楽になれます。「本当は無理をしていたんだなあ」と、自分を振り返るきっかけにもなります。“誰かに話す”“理解してもらう”のは、子育てのつらさを解消する方法のなかで最も重要です。

スポンサーリンク

実際に利用した専門機関

後にわかったことですが、娘にはアスペルガーの特徴があります。このような場合、専門機関を利用することで早期発見につながることもあるので、自分の抱えている悩みが小さいと思わずに問い合わせてみてください。

私は子育て支援センターや保健センター、近所の保育園をよく利用していました。

電話で気軽に相談してみる

誰でも子育てに関する電話相談が出来るように、専用のダイヤルが設けられている場所があります。地域にある子育て支援センターや保健センターなら、保健師や心理士に育児の悩みを電話で聞いてもらえます。

困った時の相談窓口ですので、気持ちを楽にして電話をかけてみてください。たくさんのケースを見聞きしている方達なので、的確なアドバイスがもらえます。悩めるママの強い味方ですよ。

私は、子どもの成長で悩んだ時に保健師に電話相談をしました。名前を聞かれますが、「何かチェックされたら嫌だな」と思い、名前を伏せて相談しました。それでも、子どもの成長について親身に相談に乗っていただけました。

自分では「たいした内容ではない」と思っていても、本当はたいした内容であることも多いです。悩みに大小はないので、絶対に抱え込まないでください。

私も「わざわざ言うほどのことではない」と我慢していましたが、インターネットで情報を検索して悶々とするよりも、たくさんの子どもを見ている保健師さんに相談したことで解決した事案がたくさんあります。今は、「一人で悩んでいる時間がもったいなかったな」と思っているくらいです。

友人や親には言いにくかった悩みでも、電話で専門の相談員に話すと安心できるので、思い切って利用する事をおすすめします。

その他の相談機関

保育園で相談してみる

地域にある保育園では、保育士が育児相談や子育てについての相談を受けています。子どもを遊べるスペースを設けている園もあるため、子どもを預ける場所がなくても行きやすいのがメリットです。

子育てに関する悩み、成長に関する相談、発達に関する不安など、なんでも気軽に相談ができます。同年代の子どもを毎日のように見ている保育士だからこそのアドバイスも心強いですし、実際に子どもの様子を見てもらってアドバイスがもらえるのもありがたいです。

私は寝かしつけに苦労したので、乳幼児の寝かしつけのアドバイスがもらえて本当に楽になれました。プロによる直接のアドバイスは、どんな情報よりも役に立ちます。

保育園では親子遊びの日や育児サークルなども開催されているので、そのような催しをチェックしておくと参加するチャンスが増えます。幼稚園で行っている場合もあるので、問い合わせをしてみてください。

「子育てがつらい時は専門機関に相談が一番」のまとめ

子育ては楽しくできるのが一番ですが、つらい時は誰かに聞いてもらうだけで助けられます。相談窓口で恥ずかしいと思わず、思った事を吐き出して悩みを解決してみてください。

何か病気の心配があるならば、医療機関を紹介してもらえるので病気の早期発見につながります。悩まずに相談してみましょう。

「育児がつらい」「逃げたい」と思う自分を責めることはありません。つらさはママが一生懸命に頑張るからこそ出てくる悩みなので、少しでも早く気持ちを楽にして子育てを楽しめる状況を作ってください。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

Im
Im