暮らしのヒント

ランチをして、お互いの家を行き来して、たまには家族ぐるみでお出かけして……。そんなママ友がいないと寂しいなどと思っていませんか?

幼稚園・保育園や小学校や中学校でのママ友は、絶対に作らなければいけないものなのでしょうか?ママ友はあなたの友だちではなく、子供同士を通じて自然と環境を共通し合える仲間です。

ママ友がいないことに寂しいと感じているのであれば、ママ友の意味をもう一度よく考え、子供と自分の生活に合ったママ友作りをしてみませんか?

スポンサーリンク

ママ友がいないと寂しい人は難しく考え過ぎ!

幼稚園・保育園の入園前には、近所の公園で公園デビューなんて言葉もあります。しかし、世の中に絶対に行かなければいけない公園なんてありません!

たまたま子供を遊ばせに行った公園で、似たような年頃の子が遊んでいると、子供同士が自然と仲良く遊ぶようになります。そこで母親もあいさつをするようになり、いつの間にか会話ができるようになり、お互いに「気が合うなあ」と思えるようになればママ友という関係性ができます。

でも、「絶対に仲良くならなければならない!」なんてことはないです。一人遊びが好きな子もいるでしょうし、入園するまでは引っ込み思案な子もいます。他のお母さんと接点がなければ、会話のしようもありませんから、小さい頃はママ友作りのために無理やり公園へ行くというよりも、親子の時間を大切にした方がいいですよ。

児童館や近所のイベントに参加する時も同じです。軽くあいさつ程度の会話をするのはいいですが、無理に友だちを作ろうなどと思わなくても問題はありません。

保育園はなかなか接点がないようですが、幼稚園に入園するとママ友を作る人が多くなります。自然に子供たちが仲良くなったり、グループができたりするからです。もし、ママ友が必要だと感じるのなら、自分の子供にお友だちができてから作るといいでしょう。

学校では、保護者でも子供会や役員など、世話係をする機会がたくさんあります。世話をする子供たちの名前を覚えるし、自分の子供を取り巻く環境もよくわかるので、私は積極的にやって良かったと思っています。こういう機会はママ友作りの場になりますよ!焦って作ろうとしなくても、ママ友作りの時期は必ず訪れます。

子供のクラスで作るママ友、PTAのママグループ、子供の習い事でできるママグループなど、子供の成長や環境に合わせてママ友作りを分けることも必要になってきます。1つずつのグループとして考えるといいですね。そう考えると、あちらこちらにママ友を作る機会が転がっているといえます。

関連記事良いママ友の作り方

子供同士は同じクラスになれば仲良くなるし、学年が変われば、また違うお友だちもできます。その度にママ友を変えていたら、大変なことになりますよね!先ほども言いましたが、ママ友とは環境を共通し合える仲間だからこそ、わざわざランチに出かけたり、お宅にお邪魔したりしなくてもいいのです。

園児の頃は、送迎の時などのちょっとした時間に気楽に話せる仲間作りをしてください。話せる時間に情報を共有し合ったり、子供たちを気遣い合ったりできれば、それだけで立派なママ友です。

相談したいことや連絡事項があって話し足りない場合は、連絡先を交換し合うといいですね。1人に質問ばかりしていると負担になってしまうこともあるので、複数で交換しておくといいでしょう。できれば、個人ではなく、グループで話せるようにしておくとトラブルを抱えにくくなります。

孤独感を感じない関係の作り方

私自身はママ友を気にせずに1人でいることも多いですが、授業参観や学芸会や運動会などでは、一緒に成長してきた子たちの姿を見ていると、やっぱり他のお母さんと少し話したくなります。こういう時にママ友が側にいないとちょっとだけ寂しくなりますが、近くに話す人がいない時は気にせずに次の機会で話すこともあります。

ドライな考えを持つ私でもママ友と呼べる人はできましたが、そんなに多いわけではありませんし、1人で行動していてもすごく寂しいと感じることもありません。でも、次男と三男に同級生の子がいるママ友とは、本当に仲の良い友だちになりました。

この他にもママ友はいるのですが、大抵の場合は1人で行動しています。あまり群れず、仕事や家庭の時間重視で、子供のことを考えてといったところでしょうか。

変にママ友と仲良くなりすぎてしまうと、子供と関係ない話になってしまったり、自分が帰りたい時間に帰れないぐらい話が盛り上がってしまったりすることもあり、ストレスになりかねません。私は会話の場から抜け出すタイミングをなかなかつかめないので、一歩引いた感じでお付き合いするようにしていました。

子供とは関係ない話ばかりしていると、ウザったく思われてしまうので、友だちを作ろうと意気込む必要はありません。子供が大きくなって、ママ友から友だちへと変化した者同士ならどんな会話をしてもトラブルにはなりにくいですが、子供に手がかかるうちはあまり深入りしない方がいいでしょう。

今は、ママ友の間でもグループLINEが主流です。特別に仲の良いママ友がいなくても、気軽に連絡が取れるグループがあれば寂しいと感じることはありませんよ!いずれは、そのグループの中から仲良くなれるママ友が現れるかもしれません。

「ママ友がいないのは寂しい?」のまとめ

ママ友がいないと寂しいと思ってしまう方は、「便利か?不便か?」という考え方でママ友作りをするといいと思います。20年近く母親をしている私は、ママ友はいた方が心強いと考えています。子供たちを守るためのママ友パワーも侮れません。

「ママ友がいないの?寂しくない?」なんておかしなことを聞いてくる人とは、仲良くならない方がいいですね。子供の学校や習い事のことで必要な情報は、近くにいる人でも先生でも聞けば教えてくれます。普通の友だち作りのように、ママ友も自然に作ればいいのです。あなたが必要だと思う相手であれば、積極的に連絡先を交換してみてください。

どうしても学校関連でママ友作りができないのであれば、会社の同僚や習い事などでできた仲間など、似たような環境にいる人とママ友関係を築くのもありですよ!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

K
K