暮らしのヒント

旦那が子供の面倒を見てくれないと感じるのは、実はほとんどのママさんが感じていることです。

私も、初めての育児の時は、自分と夫の面倒の見方の違いに悩みました。「なんで、うちの旦那は子供の面倒を見ないんだ!」と思ったことがあります。

でも、本当に面倒を見てくれない人は少ないですよね?赤ちゃんのうちは面倒を見てくれない旦那さんでも、子供が少し大きくなって遊べるようになると、面倒見が良くなってくれる場合もあります。

ママにもいろいろなタイプがいるように、パパにもいろいろなタイプがいます。あなたの旦那さんがどんなタイプかを見極めれば、子育て中に起こる夫婦間のストレスは軽減されますよ!

スポンサーリンク

旦那さんは本当に子供の面倒を見ない?

私の夫は不規則な仕事なので、基本的な育児は私におまかせタイプの父親でした。でも、振り返ってみれば、何もしなかったわけではありません。しっかりと、父親としての役目は果たしていました。

あなたの旦那さんはどんなタイプ?

子育てが得意なタイプ

 
結婚した時に、料理や掃除を手伝ってくれる旦那さんは、子供の面倒も積極的に見てくれる旦那さんが多いです。“結婚”というものを理解し、2人で生活していくなかで、「自分もやらなければいけないことはやる!」という覚悟ができています。

子育てに関しても同じように考えていて、どんなに疲れていても、妻と一緒に子供を育てているという意識が高いです。

このような旦那さんは、職場でも人を育てるのが上手なタイプで、“育ててやっている感”を出しません。ただし、こういう旦那様をお持ちで、専業主婦のママは、劣等感を抱きやすいのも事実です。多くのママたちからは理想のタイプでしかないのに、なんとも皮肉ですよね!

都合のいい子育てタイプ

統計は取っていないので、あくまでもママ友という狭い世界での話になりますが、半数以上の旦那さんがこのタイプに属しています。

女性は、子供がおなかに宿った時から親になったと感じています。頻繁なおむつ替えがあっても、理由の分からないギャン泣きをされても、子供の面倒を見る覚悟ができているのです。ところが、都合のいい子育てタイプの旦那さんは、自分が何かをやると「一生“やらされる”」と思っています。

大人は尿意を感じれば自分でトイレに行けますよね?おなかが空いたら、自分で何かを食べられますよね?でも、赤ちゃんはそれができないから泣きます。都合のいい子育てタイプは、仕事での疲れや自分の気分でやったりやらなかったりします。質が悪い人は、たまにしか面倒を見ないのに、「子育てには積極的!俺はイクメン!」と思っています。

目の前で子供が何かを訴えているのに、聞こえないふりをしているのは、いつまでたっても親になった覚悟がない証拠ですね。こういう旦那さんには、親になったという“気付き”が必要ですが、本人は積極的にやっていると思っているので溝は埋まりません。

都合のいい時だけ親になろうとするタイプの旦那さんには、できることだけを担当してもらいましょう。「これだけはあなたが責任を持ってやって」と決めてしまいます。

しかし、悪いことばかりではありません。このタイプの旦那さんは、子供と接するのは好きな人が多いです。コミュニケーションを取るのが難しい赤ちゃんのうちは積極的ではありませんが、大きくなってくると父親として成長する人が多いので、子供+大きな子供がいるといった気持ちで育ててみてください。

ちなみに、私の夫は、結婚当初から気が向いた時だけ家事を手伝う人でした。子供の面倒も、気が向いた時に見ていました。気分屋だったのでイライラすることも多かったですが、私は無理強いをしないようにしました。夫の尺度で、良いパパになろうとしているのは理解できたので、私の仕事だと割り切って子育てをしていました。

旦那は赤ちゃんの世話が下手すぎ!3ステップでイクメンになるかも?

子育て挫折タイプ

一度面倒を見て、赤ちゃんが狂ったように泣くのを経験すると、世話をすることに自信を無くしてしまう旦那さんがこのタイプです。

会社でも、トラブル回避が苦手な人はいますよね?冷静に対処ができないので、一人で面倒を見ることに大きな勇気を必要とします。

子育て挫折タイプの旦那さんは、妻の手助けはしたいと考える優しい旦那さんが多いです。子供が小さいうちは心に余裕がないかもしれませんが、失敗した時のことを一緒に振り返ってあげるといいですよ。

ママは理由が分からなくても、一生懸命に赤ちゃんを守ろうとしますよね?でも、それが失敗に終わることもあります。一緒に失敗談を共有し、赤ちゃんが泣くことは当たり前だということを分かってもらいましょう。この時にやってはいけないのは、絶対に上から目線で話さないということです。「私もアレは困った〜(笑)」くらいのスタンスで話せば、旦那さんの気も楽になり、またチャレンジしてくれるかもしれません。

旦那さんは挫折したら妻に任せればいいかもしれませんが、妻には逃げ場がないことを知ってもらうのもいいですね。「泣きそうだったけど、放っておくわけにもいかないし…」と、常にコミュニケーションを取ることをおすすめします。

子供に無関心タイプ

少数派ですが、子供に無関心なタイプの旦那さんもいますね。子供に無関心なのは、いろいろな理由があると考えられます。

  • 旦那さんが精神的に子供
  • 親からの愛情をもらわずに育ってきた
  • 人に対して無関心
  • 発達障害の可能性

など

DVの恐れがあれば、『女性センター』や『配偶者暴力相談支援センター(緊急時)』に相談してください。命に影響を及ぼしかねない場合は、警察に連絡しても構いません。

子供の面倒をお願いしても、全く何もしない場合は、ネグレクトとして扱われることになります。現状での離婚を考えていないのであれば、親やファミリーサポートセンターの助けを借りながら、ご自身で育てることを考えましょう。

スポンサーリンク

いつかは子供の面倒を見てくれようになるの?

旦那さんが子供の面倒を見るようになるかどうかは、はっきり言って未知の世界です。どんなに頑張って旦那さんを父親に育てようとしても、無理な人には無理なのですから。でも、自分を責めるようなことだけはしてはいけません。あなたのせいではありませんから…。

ほとんどの女性は要領がいいため、忙しくても疲れていても、子供の面倒は見られます。しかし、男性は苦手な人が多いので、3割くらいできていればOKくらいの気を持ちましょう。期待し過ぎるとイライラがたまるだけで、家庭の雰囲気が悪くなります。旦那さんの子育てのやる気もなくしてしまうので、かえって逆効果です。

新生児の時に、面倒を見てもらう事は特に難しいかもしれませんね。ママだって泣きたくなるぐらい、大変な時期ですよね?パパは密着する時間が少ないので、余計に逃げ出したくなります。でも、こういう時期に育児を積極的にしてくれる旦那さんは、この先もいいパパになってくれます。

子供の面倒を見ると、褒めてもらえると勘違いしている旦那さんもいます。これで積極性が出るなら、ちょっと大げさくらいに褒めてもいいのですが、毎度のことだと自分が疲れてしまいますよね?

褒められることを待っている旦那さんであれば、子供に「パパと一緒に遊べてよかったね」と二人の時間を過ごしたことを喜んであげるといいですね。旦那さんを主体にするのではなく、子供を主体にすることで、少しずつ変化を遂げる人もいます。旦那さんも悪い気はしないでしょうし、子供にも安心感を与えることができますよ。

無関心以外の旦那さんであれば、子供が少し大きくなって一緒に遊べるようになれば、無理をせずに面倒が見られるようになります。その頃には、子供が旦那さんのことを大好きでいられるような環境を整えてあげましょう。

子供が大泣きして、旦那さんが自信を無くしてしまっても、何度もチャレンジする機会を作ってあげてください。赤ちゃんの時は、面倒は見るのが苦手だという旦那さんも、5分~10分でもいいので見てもらうようにお願いしましょう。

無理強いは禁物です。長時間を2人きりになるのが無理なら、家族で過ごす時間のなかで、旦那さんに面倒を見てもらうようにしてください。全てが自分の責任として降り掛かってこないので、旦那さんも気楽に関われるようになります。

少しずつ親子の関係を築いていけば、ほとんどの旦那さんがしっかりと面倒を見られるようになります。赤ちゃんの頃から少しずつで大丈夫です。いつかは、旦那さんと子供が、公園に2人で遊びに行けるようになるのが目標ですね。それまでの間に、子供と仲良くさせるのは、あなた自身のサポートも必要です。

「旦那はなぜ子供の面倒を見ないの?」のまとめ

どんなタイプの旦那さんも、期待し過ぎたり無理強いしたりはダメです。うまくできない時があっても、気分で子供の面倒を見たとしても、長い目で見てあげてください。

「たくさん面倒を見てくれた分、子供もなつく」ということを理解してもらい、子育てに参加してもらいましょう。

旦那さんが子供の面倒を見てくれなくても、子供は夫婦の様子を見ています。夫婦が尊敬し合い、お互いを気遣う姿を見せて、子供が安心できる家庭環境を作っていってくださいね。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

K
K