暮らしのヒント

子どもの金銭感覚をつけるためには、お金の教育をしっかりとしておきたいですよね!私も3人の子どもたちのおこづかいには手を焼きました。

兄弟でおこづかいの使い方に違いがあったので、渡す金額や方法も変えていました。

私が子どもたちに教えたおこづかいの使い方、金額の決め方などをご紹介します。いつから始めようか悩んでいる方は、参考になさってみてください。

スポンサーリンク

子どものおこづかい教育は興味を持った時から

基本的にはお金に興味を持ってからでいいと思いますが、我が家のおこづかいの教育は、“おこづかい帳が続けられるようになったら” ということを基本にしていました。

お金に興味津々だった長男と次男は、文字が書けるようになった頃(幼稚園の年中や年長)からおこづかい帳をつけるようになりました。しかし、この頃はおこづかいはまだ渡していません。

おこづかい帳に慣れて、書く習慣がついてから、金額や渡す日にちを決めました。初めは、週に1回100円渡すことから始めましたよ。おこづかい帳も、一緒に書いてあげるようにしていました。そうしないと計算が間違っていることが多いです。

手持ちの金額とおこづかい帳の金額が合わない時も多いので、一緒にレシートを見たり、どこかで衝動買いしていないかを話したりしました。

幼稚園の頃から書き始めているので、算数の勉強にもなりました。おこづかい帳は教育としてとても役立つものだと感じました。

また、お手伝いのお駄賃も渡していたので、お金がたまる楽しみをおこづかい帳で味わっていましたよ。

三男は、おこづかい帳を書くことに興味がありませんでした。遊びに行く時も、友達のおうちにおじゃましたり、水筒にお茶を入れて持って行ったりしていたので、あまり必要性を感じなかったのでしょうね。

でも、お金には興味があるらしく、お手伝いのお駄賃を貯金することは楽しんでいました。三男には1カ月で決まったおこづかいは渡さず、申告してきた時にだけ渡してあげていました。

子どものお金の使い道は?タイプ別で変える教育方法

ここで質問です。あなたのお子さんはどんなことにお金を使う機会が多いですか?

  1. 友達と遊ぶ時
  2. お菓子やジュース
  3. 文房具

(1)でお金を使うことが多い子は、きちんとおこづかい帳をつけられるようになった方がいいですね。小学校になると、行動範囲が広くなり、何にお金を使ったのか把握できなくなります。お金にルーズになると、金銭感覚もなくなってきてしまいます。小さい頃から、習慣づけておくのがいいでしょう。

(2)でお金を使うことが多い子は、毎週の行動がだいたい把握できる範囲でお金を使っています。塾の帰りにちょっとジュースを買ったり、遊びに行く時も行動パターンが決まってきたりするので、使い道が決まっています。

(3)の文房具に使うお金が多い子は、おこづかいとしてお金を渡す必要はありません。文房具に一番お金を使うということは、なくなった日用品を補充するということです。三男がこのタイプで、文房具がなくなった時に何を買うのか申告してもらい、その分のお金を渡していました。

(3)のタイプはほとんどお金を使いませんが、お金の管理にも興味がありません。1カ月で使う金額も親が把握しやすいので、子どもにも把握できるように、1カ月の明細を確認する機会を作ってあげましょう。

中3になった三男も、今では行動範囲が広くなり、友達と外で遊ぶ機会も多くなってきました。おこづかいの渡し方も変わり、自分で管理できるようになっています。

スポンサーリンク

おこづかいの金額の決め方

おこづかいとして渡す金額は、いくらぐらいが正しいのでしょうか?

金額の決定は、子どもの行動をきちんと把握してからにしなければいけません。親がきちんと把握して、必要以上の金額を渡さないようにしましょう。初めのうちは、おこづかいを週1回で渡してみると金額もとてもわかりやすくなりますよ。

小学校に入ってどうしてもおこづかいが必要だと感じたら、1カ月で学年×200円~300円で渡してあげるともいいですね。

例)小学校5年生×200円=1,000円(250円/週)

我が家では、少し多めにおこづかいを渡し、文房具も自分のおこづかいの範囲内で買わせるようにしていました。中学や高校になると、おこづかいの範囲内でやりくりして、貯金を楽しむ余裕も出てきました。

しかし、使うお金としては、おこづかい+αがあると思っていてください。大きくなれば、友達との遊びにもお金がかかるようになってくるので、子どもたちが使うお金はおこづかいだけでは足りません。

+αとは、「カラオケに行く」「ボーリングに行く」「映画館に行く」など、大体の金額が分かる範囲です。それと、食事代なども含め、渡す金額が決まるでしょう。その+αの遊びも、月に1回までと決めていました。毎月遊びに行く目標を作って、おこづかいをためるようになりました。

ゲームセンターのような金額が定まらないような遊びは、おこづかいの範囲で遊ぶようにさせています。

親として困るのは、友だちとの金銭感覚の違いです。「おごる、あげる」といったトラブルに巻き込まれることもあるので、自分のお金だけで行動できるように教えてあげましょうね。

「子どものおこづかい教育はいつから始める?」のまとめ

細かいルールがたくさんあるかもしれませんが、これが我が家で行ったおこづかい教育です。

子どもたちは、必要なお金はおこづかい+お手伝いで稼ぐことを学び、足りない分はどうして必要なのかをきちんとプレゼンし、親を納得させたらもらえるということを理解できるようになりました。

もちろん、どうでもいいようなことにお金を使ってくることもありますが、おこづかいの範囲内で行動できていれば、使い道や使い方まではうるさく言わないようにしています。

おこづかいでお金の全てを学ぶことはできませんが、小さいうちから教えておくと必ず金銭感覚は身につきます。自分のお金が大切だと思えるように、頑張って教育してみてください。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

K
K