暮らしのヒント

子供ってどうしてあんなにお風呂が嫌いなんでしょうね?

毎日、保育園で思いっきり遊んで汗をかき、家でもいろんなおもちゃで遊んでは汗をかき、ご飯を手で食べては汚すこともしばしば…。「お風呂でキレイに洗ってあげたーい!」と思っても、なかなか入りたがらない我が子。

やっと裸ん坊になっても浴槽で遊び出して、なかなか髪も体も洗えない!もうママはのぼせてしまって、クッタクタ。最後には「もう今日はつかるだけでいいよ」という気持ちになってしまいます。

こんなお風呂が嫌いな我が子でも、毎日のバスタイムをスムーズにできる方法がありました。毎日のようにイライラしている方は、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

子供のお風呂嫌いを解消するには?

お風呂を好きになってもらうには、お風呂でしか遊べないおもちゃを揃える事が一番の解消方法です。「お風呂に入ったらあのおもちゃで遊べる!」というような楽しい気分にさせると、入浴自体が嫌いでもすんなりと誘導できます。

市販のおもちゃを活用する

今は100均でも楽しいお風呂玩具がたくさんありますよね!たまには奮発してデパートで買ってあげたり、年齢に応じた知育玩具を取り入れたりするのもいいでしょう。

娘は、おもちゃによって遊んだり遊ばなかったりでした。ある程度遊んで簡単に遊べてしまう事が分かると、すぐに飽きてしまうのです。

「簡単に遊べるおもちゃでは誘導できない」と感じたので、思い切ってアンパンマンのキャラクターが水の流れに沿って滑ってくるおもちゃを買いました。ちょっと複雑なので、しばらくは喜んで遊んでいましたよ。この時期はお風呂を全然嫌がっていませんでした。

資源ごみをおもちゃ代わりに活用する

食べ終わった後のプリンの容器やストロー、ビニール袋、ペットボトルなどはお風呂遊びに使えます。

ごっこ遊びが好きな時期は、お風呂の中でも突然ごっこ遊びが始まります。お風呂のお湯を容器に入れて「はい、どーぞ」としてくれますね。

ごっこ遊びは娘の成長にも必要な過程ですし、ゆっくりと関われる貴重な時間なので、のぼせない程度にお付き合いします。

『色水』を作って遊ばせる

娘は『色水』を作るのが好きで、よく一人でも作っています。

ビニール袋の中にお湯を入れ、お花か葉っぱを入れてもみもみすると奇麗な色水ができます。「お風呂にお花や葉っぱはちょっと…」という方は絵の具や入浴剤で作ってもいいでしょうね(入浴剤はちょっともったいないですが)!

お花や葉っぱだと色が出るまでに時間がかかるので、「色水ができるまで、体洗おうっか〜」なんて声かけができます。親としては一石二鳥です。

その他の遊び

縁日でよく見かける『スーパーボールすくい』も楽しんでいますね。縁日では水の中に入っているので、そのままお風呂の中や洗面器の中にスーパーボールを浮かべて大きめのスプーンですくって遊ばせます。

女の子だけかもしれませんが、持っているお人形と一緒にお風呂に入る事も好きですね。お人形さんの髪や体を洗ってあげているので、そのまま自分で髪や体を洗い出すこともあります。

中に小さいおもちゃが入っている入浴剤も効果的です。男の子はこういう方が喜ぶでしょう。

お風呂玩具は書ききれないくらいたくさんありますよね!100均のおもちゃや資源ごみなら金額も張らないので、お子さんが楽しめそうなおもちゃを揃えてあげてみてください。日によって変えるのも効果的です。

お風呂に入りたくない理由も理解してあげよう!

大人にとってのお風呂は、リラックスしたり、一日の汚れを洗い流したりと、メリットが多いものです。しかし、子供にとっては、嫌だと思ってしまういろいろな原因が考えられます。

  • シャワーが怖い
  • お風呂に入ると体がかゆくなる
  • シャンプーが目に入ると染みて痛い
  • お湯が熱い
  • 鼻にお湯が入ると痛い
  • ゴシゴシされるのが嫌

など

取り除ける原因は、できるだけ取り除いてあげたいですよね!

シャワーが怖いお子さんには、シャワーを使わずに、浴槽のお湯を優しくかけてあげましょう。

シャンプーは目にしみないタイプがあります。大人用は刺激が強いので、できるだけ低刺激の子供用を使いましょう。子供の肌はデリケートで乾燥しやすいため、かぶれや湿疹(しっしん)の原因になってしまいます。

お風呂に入るとかゆがる子には、浴槽に入る前にぬるめのシャワーを全身にかけてあげて、少し体を温めるとかゆみが軽減されます。お風呂のお湯と外気温に差があると、皮膚の温度が一気に高くなるため、「温熱じんましん」が起こりやすくなります。温熱じんましんは、温度差が激しいと発症しやすいので、肌寒くなる秋から冬にかけては要注意です。

シャンプー後は、シャンプーの残りが皮膚についたままになっていることがあります。成分が残っているとかゆみが出るので、お風呂から上がる時に再度シャワーをかけてあげるといいでしょう。

シャワーやお風呂の温度は、38〜39度くらいのぬるま湯にしましょう。大人にとってはぬるく感じますが、子供にとっての適温です。皮脂を取りすぎないという意味もあり、乾燥肌を作らせないというメリットもあります(大人にもおすすめ)。寒い時期は、事前に浴室内を暖めておくといいですよ!

お湯につかる時間は、長くても15分くらいがちょうどいいです。長時間の入浴は毛穴や角質細胞が開く原因にもなり、内側に閉じ込めていたうるおいが外へ逃げてしまいます。これが過乾燥の原因となってかゆみにつながります。ちょうど良い時間でお湯につかる事は、ママのうるおいも保てるのでおすすめです。

ゴシゴシ洗いを嫌がる子には、泡が出てくるボディーソ—プを使い、手で優しく洗ってあげるといいでしょう。肌に優しくても、ボディタオルの摩擦は刺激になり、乾燥やかゆみの原因になります。どんな手を尽くしても洗いたがらない時は諦めましょう。

子供は新陳代謝が活発なので、2日くらい洗わなくても、浴槽につかっているだけで汚れは取れます。臨機応変に対応しましょう。

「子供のお風呂嫌いを好きにさせる」のまとめ

お風呂で楽しく過ごす事は、親子のスキンシップにもつながりますよね!お風呂の中でじっくり向き合い、今日一日あった事をゆっくり話すきっかけにもなります。

日中が忙しいママにとっては、お風呂で向き合う時間は愛情を注げる大切な時間となるでしょう。無邪気な我が子と一緒にお風呂に入る時間は小さい時だけです。

将来、子供が大きくなった時に、この時間が楽しかった思い出になってくれているといいですよね!お子様が喜ぶ方法をいくつか取り入れて、お風呂を楽しい時間に変え、嫌いなお風呂の時間を克服させてあげてください。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

Ni
Ni