暮らしのヒント

男の子の髪はすぐ伸びるので、小さいうちは美容室に連れて行くのも面倒ですよね?我が家の長男(5歳)は一度だけ美容室でカットしてもらったことがありますが、「髪形が気に入らない」「文句が言えない」「疲れる」ということから二度と行きたくはないそうです。

放っておくわけにもいかないので、月に一度のペースで私がセルフカットすると約束しました。美容師の免許は持っておらず、ハサミでは(息子の言う)カッコイイ髪形は作れないので、バリカンで工夫しながらカットをしています。意外と簡単に俳優風(?)ツーブロックが作れるので、参考にしていただければうれしいです!

スポンサーリンク

男の子の髪をバリカンでツーブロックに切る方法

我が家で購入したのはテスコムの『バリカン スキカット』です。

刈り高さが変えられるアタッチメントが4個ついているので、息子の要望が変わっても対応できるかなと思って購入しました。今のところ、息子の難題なオーダーにも応えられています!2014年に購入したので、バリカン歴は3年です。

アタッチメントのmm数を間違えて刈ってしまうとアウトですが(その時は丸刈りに(笑))、一気に切れるのでジッとしているのが難しい子供にはいいですよ!

髪を切る前に準備するもの

  • 散髪ケープ(ヘアカット用のエプロン)
  • フェイスタオル
  • ヘアピン
  • バリカン
  • 子供の好きなDVD、録画した番組など

フェイスタオルは、散髪ケープを掛ける前に首に巻きます。夏は暑いので、息子は上半身だけ裸で切っています。

ジッとしていられないので、散髪中は録画した仮面ライダーや戦隊モノの番組を流しています。息子は15分ぐらいが限度なので、飽き始めたらお菓子で気を紛らわせて時間をつなぎます(この辺りはお子さんが喜ぶ方法を選んでください)。

基本的に30分以内で終わらせるように心がけていますが、時間が足りない時は翌日に残りの部分のカットや手直しをしています。

サイドのカット方法

息子がカッコイイと思っているツーブロックです。仮面ライダーや戦隊モノの俳優さんみたいになりたいのだとか…。

  1. ヘアピンで髪の毛を止めて刈る部分を決める(実際に刈るところよりも少し上側に止めるのがポイント)。
  2. 6mm(2分刈り)のアタッチメントを付けて、下からすくい上げるようにバリカンを動かす(6mmだと失敗してもおかしくならない)。
  3. 「まだ長いかな?」と感じるようなら、3mmのアタッチメントに変えて刈る。

子供(特に男の子)はジッとしていることが苦手なので素早く刈るのがコツです。

後頭部と頭頂部のカット方法

  1. 後頭部は6mmと3mmのアタッチメントを駆使してグラデーションを作る(上側を6mm、下側を3mmだと奇麗に刈れる)。
  2. 頭頂部はすきバサミですく。
  3. 仕上げとして、うまく切れていないところをハサミでカットして終了!

頭頂部の髪を上手に切るコツは、くしで髪の毛をとかしながら長い部分の髪を取り、全体の真ん中部分にハサミを入れて「すっ」と後ろに引くことです。

これでボリュームの調整をします。

参考にした動画ツーブロック 動画 バリカン 刈り上げ

「男の子の髪をツーブロックに切るコツ」のまとめ

子供の髪を切る時は、親子のコミュニケーションの一つとして楽しんでやるのが一番ですね!

美容室みたいに「いらっしゃいませ」から始まり「本日はどのような髪形にいたしますか?」と、ごっこ遊びの延長だとテンションが上がるみたいで喜んで椅子に座ってくれます。

余談ですが、ツーブロックを全部バリカンで仕上げようと試みたことがあります。頭頂部を残さなきゃいけないのにヘアピンの止めるところを間違え、前髪だけを残して後ろ半分を全部刈ってしまいました(どのような状態かはお察しがつくかと(笑))。息子には前しか見えていないので、失敗したことはバレずに済みましたけどね…。

最初は難しいと感じるかもしれませんが、男の子の場合は仮に失敗しても丸刈りにするという手があるので、恐れずに思いきり切ってみてください(息子は丸刈りにすると口を利いてくれませんが)。何度か試しているうちに、そこそこイケてるツーブロックが完成します。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

森林
森林