暮らしのヒント

育児の中で、ついつい焦ったり悩んだりしてしまうのが、おむつを外す時期ですよね?赤ちゃんのトイレトレーニングをいつから始めるのかを迷っている方は多いと思います。

私は、3人の子供のおむつを外してきました。3人とも同じ時期からトイレトレーニングを意識したのですが、結果はそれぞれ違いましたよ!3兄弟なので、「同じ時期に」と考えていたのですが、3人ともおむつ外れの時期は全く違ったのです。

親の焦りや不安がかえっておむつ外しを遅らせる原因にもなるので、トイレの練習をいつから始めるのか、失敗談も含めたトレーニングのコツをお伝えします。

スポンサーリンク

赤ちゃんのトイレ練習はイメージさせることから始まる

我が家の場合、初めての子である長男は人の経験談を参考にして始める時期を決めました。

「幼稚園より前(3歳)におむつを外しておきたい!」というお母さんたちの願いもあってか、1歳半ぐらいから2歳の時期にトイレトレーニングを始める親が多かったです。私自身も2歳からトイレトレーニングの準備をしました。

でも、オムツで用を足していた赤ちゃんにとっては、トイレに行くという行為は未知なる世界です。まずは、イメージトレーニングから始めると抵抗感が少なくなります。

興味を持たせるために、お人形を使ってイメージトレーニングをしたり、関連の絵本を読んだりして、「みんながしている事なんだ」と思わせるようにしました。これを辛抱強く続けていると、安心してトイレの練習にチャレンジし始めるようになるのです。トイレで用を足すイメージができあがったら、トイレトレーニングを始める日だと考えましょう。

始める時に気を付けたのは、「トイレは汚い!」というイメージがつけないようにすることです。それから、「おむつより、トイレで用を足す方がかっこいい!」とイメージさせることを心掛けました。小さな子供でもプライドはあります。「かっこいい方がいい」と感じ始めると、トイレに興味を持ってくれます。

具体的なトレーニング方法
  • 毎日、決まった時間にトイレに座らせる。
  • 一日に何度かトイレに行く時間を作り、定着させる。

素直に便座へ座るようになったのは、2歳1カ月のことでした。我が家では、朝起きた時と昼ご飯の後、夜寝る前の3回、出ても出なくても必ず座らせるようにしました。

スポンサーリンク

みんなで一緒にトイレトレーニング!先生は誰?

ところが、次男と三男はトイレのイメージトレーニングをほとんどしませんでした。長男がトイレをしていることに興味を示してくれたからです。この興味を持った日、「自分にもできるかも!」とイメージできた日から徐々にトイレの練習を始めてみてください。

長男のトイレが終わった時に、「上手だね!」「かっこいい」と褒めると、次男は「これはすごいことなんだ!」「かっこいいことなんだ!」と自分で練習し始めるようになりました。三男も同様でした。

もちろん、長男も気分がよくなり、得意気にお手本を見せてくれます。次男や三男が上手にできた時は、「できたー!」とみんなで喜びました。長男も先生になった気分で、次男や三男のことを褒めてくれました。

早く幼稚園に行きたがっていた次男と三男には、「トイレができるようになると、幼稚園に行けるようになるよ」と言って目標も持たせました。思い返してみると、長男にも「自分がトイレに入るところをお手本としてもっと見せてあげればよかったのかな?」と考える時もあります。身近にお手本となる人がいる方が、イメージがわきやすいですよね!

トイレトレーニングの練習期間はどれくらい?

トイレの練習期間は子供の性格によって違います。個人差があるので、決して焦ることはありません。必ずできるようになります。

次男はいつも元気いっぱいでしたが、トイレの時間になると急にデリケートになりました。力が入っている姿を見られることが恥ずかしかったみたいです。弟にはかっこ悪いところは見せられないので、「トイレ!」と言えない時期もありました。子供にも羞恥心があるので、ほんの少しの失敗がトラウマになることもあるのです。

一度できたからと言って、毎日できるわけではありません。「トイレに行きたい」と言えなくても、失敗しても、怒らないように心がけることが重要です。これが一番難しいことですが、親の忍耐力がないとなかなかうまくいきません。

次男には練習の時に何度か怒ってしまい、おむつが取れる時期は長引きました。怒ってもすぐにできるようになるわけではないので、その子の自立心を信じてあげるのが一番ですね!今ではかわいそうなことをしてしまったと反省しています。

三男はトイレの練習に興味を持つのは早めだったのですが、早生まれなので幼稚園の入園日までに間に合わず、おむつが取れないまま通うことになりました。それでも、幼稚園の先生は、「園でもトレーニングするので大丈夫ですよ」と協力してくれました。母親としては心配が尽きませんが、できないままでも心配することはありません!

自宅でも慌てず焦らず、一緒にトレーニングをしてあげましょう。入園した後も、自分より小さな子がトイレを練習しているのを見たり、先生に励まされたりしながら練習していたら、とても早くできるようになりました。

練習期間を短くしたいのであれば、たくさんのお手本を見せてあげましょう。「自分もトイレでしよう」という意識が芽生えることで、自然とおむつは外れていきます。

「赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから?」のまとめ

トイレトレーニングをいつから始めるのかは、親がいつまでに終わらせるかをある程度決めてから始めるといいでしょう。しかし、赤ちゃんは、どうしてトイレで練習しなければいけないのかが理解できません。ところが、根気良く続けることで、誰かにおむつを変えてもらうよりも、自分でトイレに行った方が早くすっきりできるようになると学びます。

トイレトレーニングを始める前には、お手本を見せてあげることが大切です。子供には“日常生活には欠かせないことだということ”を理解してもらい、クリーンなイメージで興味を持たせるようにすれば、いつしか「やってみよう」という意識が芽生えます!

親の焦りやイライラ感は確実に伝わるので、「赤ちゃんが頑張っているのだ」という気持ちを忘れずに、イライラせずに「一人でよくできたね!」と褒めてあげてください。自立心も養われ、自信もつくようになります。小さなことでもいいのでどんどん褒めてあげることが大切です。

トイレの練習をしていると、自然とおねしょも少なくなっていきます。ただし、夜は無理にパンツにするのではなく、赤ちゃんの意思に任せましょう。本人が心配そうであれば、就寝時だけでもおむつやトレーニングパンツを使用し、シートを敷くなどして「失敗しても大丈夫だよ」ということを教えてあげましょう。安眠できる状態を作ってあげると、自然におむつ内での排泄(はいせつ)が減り、眠る前や朝イチのトイレもスムーズにこなすようになります。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

K
K