暮らしのヒント

離乳食をあげている時期に下痢になってしまった時は、何をあげたらいいか悩んでしまいますよね?

食材によっては下痢がひどくなってしまうこともあるし、何がおなかにいいものか、私も娘が最初に下痢をした時には悩みました。寒い時期に下痢にならないか心配になることも多いですよね!

医師から助言してもらった対策やポイントとともに、赤ちゃんが下痢になった時のご飯はどんなものを選ぶといいのか、おすすめ食材・おすすめできない食材などをご紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんが下痢をした時にご飯はあげていいの?

いつもより少しだけ便がゆるい時や回数が増えている程度であれば、それほど心配する必要はありません。大人の場合、下痢の原因の多くはウィルスなどの感染から胃腸炎によるものです。しかし、赤ちゃんの消化器官はまだ十分整っていないため、ウィルス感染をしていなくても下痢になることがあります。

昔は「下痢になると離乳食をあげない方がよい」といわれていたようですが(私が子どもの頃はそうだったらしい)、現在では「水分や食べ物から栄養を摂取することで体力も回復する」と教えられます。食材に含まれている成分が症状を軽減してくれるので、様子を見ながら食べさせてみましょう。

私も、最初は「離乳食を与えることによって、下痢がひどくなるのでは?」と疑問だったので、かかりつけ医に聞いてみました。「下痢で栄養分が失われているから、栄養を離乳食から摂取させて、体力を回復する力をつけてあげてください」と指導されました。もちろん、水分摂取は必須です。

離乳食を始めたばかりの赤ちゃんであれば、一日休んで様子を見てあげてください。体調を見ながら、消化が良くてやわらかいものを食べさせてみましょう。

食事の際に気をつけるポイントとは?

  • 食事の際は機嫌をよくみてください。機嫌が悪い時は無理に食事をあげる必要はありません。
  • 発熱・おう吐・ぐったりしているなど症状が重い場合は、病院で診察を受けて医師の判断のもとで食事をすすめてください。

下痢の症状が長引く、熱が下がらないなど、症状が良くならない時はウィルスや細菌から下痢を引き起こしていることもあります。

便がベショベショとした水分状で嫌なにおいがする時は、便がついたままのオムツを病院に持参して医師に診てもらうようにしてください。

ウィルスや細菌が原因だと、赤ちゃんの状態がいつもと違うことが多いので、自己判断をしないことが重要です。

水分補給をしっかりと!

下痢が続くと脱水症状になる可能性があるため、水分補給はしっかりとあげるようにしてください。食欲がない場合でも、水分だけは忘れないようにする必要があります。

下痢の時は「水分をあげたら下痢がひどくなるのでは?」と心配になりますが、下痢によって水分が体から失われていくため、脱水症状に陥ることがあります。

麦茶や番茶が飲める赤ちゃんであれば、たくさん与えるのではなく、一さじずつ数回に分けて飲ませてあげてください。この時に注意したいのは、ジュース類を与えないことです。糖分や果物の成分により下痢が悪化します。

飲み物は、常温や人肌程度に温めたものを与えるようにしましょう。母乳を欲しがる赤ちゃんは、栄養補給の代わりに欲しい分だけをたくさんあげてください。

スポンサーリンク

赤ちゃんが下痢をした時におすすめの食べ物は?

  • 白湯、お茶、水で薄めた経口補水液
  • やわらかいおかゆ、うどん
  • にんじん
  • すりおろしたりんご
  • じゃがいも
  • 野菜出汁のスープ

離乳食を始めたばかりの赤ちゃんは、一段階前の離乳食に戻り、食べたことのない食材はあげず、慣れた食材で試してみてください。

下痢の時におすすめと言われている食べ物でも、慣れていないと受けつけてくれません。娘につぶしたじゃがいもをあげようとしても、苦手な食材だったので口にはしてくれませんでした。元気な時でも口からベーッと出していたので、慣れている食べ物をあげる方が食欲はわくと学びました。

おかゆは、大人でも風邪をひいたら食べますよね!赤ちゃんも、下痢や体調がすぐれない時でも口にしてくれることが多いです。

炭水化物には糖質が含まれていて、体内に吸収されやすく、消化にもいいです。固形物を口にできない時は水分調節をして、やわらかく作ってあげると食べやすくなります。

にんじん・じゃがいも・りんごにはペクチンが含まれています。ペクチンは善玉菌を増やして腸の状態を正常にする役割があるため、下痢の時には摂取するといい食材だと教えてもらいました。便の水分量も調節し、ゆるい便が固まる効果もあり、おかゆにまぜてあげると食べてくれます。娘にはにんじんを混ぜて食べさせました。

野菜で出汁を取ったスープも栄養がたくさん入っているので、食事が進まない時にも役立つ一品ですね。味付けをしない状態で普通の野菜スープを作り、スープだけをあげるといいでしょう。残った分は、大人が野菜スープとして食べられます。娘の場合、下痢や体調のすぐれない時でも野菜出汁のスープはおいしかったようで、よく作ってあげていました。

赤ちゃんの下痢を悪化させる食材は?

  • 乳製品
  • 脂肪多くが含まれている食品:バター、油、肉、魚など
  • 不溶性繊維が多く含まれている食品:さつまいも、里芋、きのこ、豆など
  • 果物:みかん、グレープフルーツ、イチゴなどビタミンCが多く含まれているもの
  • 冷たいもの
  • 糖分を多く含んだ食べ物

基本的に、下痢の時は消化の悪い食べ物は避けてください。消化が悪いと、腸を刺激して下痢を悪化させてしまいます。

不溶性繊維が多く含まれている食べ物は、腸の中で発酵しやすいために負担をかけてしまいます。便秘の時はあげてもいいお助け食材ですが、下痢の時は避けるようにしましょう。

糖分の含まれている食材も腸を刺激します。じゃがいもはあげてもいい食材とされていますが、さつまいもは糖分と繊維が多く含まれています。同じイモ類ですが避けるようにしてください。

みかんなどのかんきつ類には、ビタミンCが含まれているため、風邪の時には良いと聞いた事はありませんか?ビタミンCは疲労回復などの作用もありますが、赤ちゃんの腸には特に刺激が強くいため、下痢を悪化する原因になります。

ビタミンCを多く含む果物を好んで食べている赤ちゃんもいらっしゃるかもしれませんが、下痢の時は確実に悪化します!娘もみかんが好きでよく食べていたため、ビタミンCが摂取できると思って少しだけあげてみたところ、下痢がひどくなってしまいました。

乳製品は(特に牛乳)離乳食に使いやすく、ミルク和えなどで多くのメニューにも使用されますが、乳脂肪や乳糖が含まれていて消化に悪いです。チーズやバターについても乳脂肪が多く含まれているので控えてください。

「赤ちゃんが下痢の時にご飯はあげていいの?」のまとめ

赤ちゃんのうんちがゆるくなることはよくあり、慣れない食材で下痢になることも多いです。下痢になると最初は慌てると思いますが、様子を見ながらご飯を与えることで、食材に含まれる栄養で良くなることもあります。

あまりにもひどい場合はすぐに受診して、医師に助言をもらってくださいね!「いつもの下痢とは違う」と感じた時は、決して自己判断をしないようにしましょう。

初めてのお子様だとお母さんは心配なことが多いですが、冷静に観察しながら乗り越えましょう。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

Im
Im