暮らしのヒント

赤ちゃんを連れての買い物って、本当に疲れますよね!

子育て一年生の頃、ベビーカーを片手で押して、買い物かごを持って、自分の荷物もあって、子どもの荷物もあって…。「全部で何㎏持って買い物しなきゃいけないの?」と思っただけでイライラしたことがありました。それに、買い物中に赤ちゃんが泣き出したら、自分も泣いてしまいそうでした。

そんな頑張っているママたちが楽になれる便利グッズや方法があるのでご紹介します。ぜひ利用してみてください。

スポンサーリンク

首がすわっていない赤ちゃんを連れて買い物しなきゃいけない時は?

首がすわっていない赤ちゃんは、あまり外に出さない方がいいです。第一子が生まれたばかりの頃は周りの家族も気を使ってくれて、3カ月くらいまではあまり外に出さないようにしていました。

でも、次男や三男が生まれた時には、そんなことも言ってられませんでした。2カ月くらいからは、一人で連れて買い物に行っていました。「買い物できる時にしておかないと!」という気持ちのほうが大きかったからです。

ネットスーパーや宅配を利用する手もあるのですが、どうしても行かなければいけない時ってありますよね?核家族ならなおさらです。

新生児を連れて買い物しなければいけない時に使いやすいのは、トラベルシステムというタイプのベビーカーです。車で買い物に行く方は持っておいて損はありません。

トラベルシステムは、取り外しが可能なチャイルドシートとベビーカーが一体化したもので、眠っている赤ちゃんでも心置きなく連れていけます。普通のベビーカーとしても使用できるので、長く活用できますよ!買い物かごは、フックを付けて引っ掛けて使っていました。

車を使用しない地域の方であれば、買い物かごが乗せられるタイプのベビーカーが使いやすいでしょう。アメリカのブランド『グレコ』のシティエースなら、比較的安価で長く使えるので便利だと思います(私は使用したことがありません)。

首がすわったら抱っこひもも便利!

赤ちゃんが泣いてしまうと、人の目が気になります。赤ちゃんを泣きやませている時間は両手もふさがっているし、商品の金額すら見ることができませんよね?

首がすわる辺りから役立つ便利グッズが抱っこひもです。最近の抱っこひもは進化しているので、とても赤ちゃんにやさしいですよね!

ベビービョルンのように、新生児時も首がすわった後も使用できる抱っこひもが便利です。おんぶもできるので成長に合わせて使えるし、家の中でもフル活用できます。

2人目以降は、カートに上の子を乗せて、赤ちゃんを抱っこしながら買い物というスタイルが楽ですね。上の子は乗らずに歩いて買い物をしたがると思いますが、臨機応変に対応するのが一番だと思います。

抱っこをされていると安心感があるのか、泣く確率はグンと低くなります。スリングを使用している方も見かけますが、抱っこひもの方が両手は自由に使えるので、抱っこひもの使用をおすすめします。

最重要?!赤ちゃんを連れての買い物が一番楽になった方法

週末に旦那さんと一緒に、買い物に出かける人は多いです。新生児を大事そうに抱えている育メンパパを見るととってもうらやましいと思ってしまいます。私の夫は、子守もできなければ、買い物も一緒にしてくれない人だったので、育児中は本当に苦労しました。

しかし、買い物で苦労したのは、夫が助けにならなかったからではありません。買い物中に赤ちゃんを泣かせてはいけないと思っていたので、人目を気にしてしまうからつらいと思ってしまったのです。買い物の途中でも、赤ちゃんが泣いたらすぐにおむつを替えに行ったり、授乳をしに行ったりということがありました。

でも、ある時から周りの目を気にすることをやめました。悪いことをしているわけではないのだから!あの時、気にしていたのは自分だけだったということが、今になって分かります。

次男や三男を連れて買い物する頃には、何も気にせずに「いかに効率よく買い物を済ませられるか?」という事ばかりを考えていました。こうすることで人の目も気にならなくなり、自分のペースで買い物できるようになりました。

人の目が気になって「赤ちゃんを連れて買い物するのは楽じゃない」と感じているお母さん!あなたは、十分に一生懸命やっています。周りの人も意外と自分のことに一生懸命で、よその事は気にしていません。

たまに赤ちゃんをジロジロ見てくる人はいますが、「久しぶりに赤ちゃんのかわいい泣き声を聞いた」「うちの子も小さくてかわいい時があったなぁ」などと母性をくすぐられている人がほとんどですよ。

私はネットスーパーもよく利用していましたが、「子どもに買い物を慣れさせる」「気分転換に外出する」という意味で買い物にも行くようにしていました。嫌な人と接してしまうのも社会勉強の一つなので、堂々と買い物してみてください。

「赤ちゃんを連れての買い物を楽にする3つのコツ」のまとめ

赤ちゃんが小さくても大きくても、買い物は避けて通れない家事の一つです。旦那さんがいつも手伝ってくれるわけではないし、赤ちゃんを留守番させて買い物には行けません。

便利グッズを賢く使って、少しでも楽に買い物ができるように工夫をしてみてください!赤ちゃんの成長に合わせて使い分ければ、買い物に行くのが楽しくなります。

それから、赤ちゃんを連れて買い物するのが嫌になってしまっているお母さん!赤ちゃんが泣くのは元気な証拠だと、大抵の人は感じています。過度に気にせず、精神的にも楽な買い物をしてみてください。案外、人から助けられることもありますよ!

関連記事子連れの買い物が大変じゃなくなる3つの方法

スポンサーリンク

この記事を書いた人

K
K