暮らしのヒント

夜空に浮かぶ大輪の花火は非常に美しく、「写真に撮ってインスタにアップしたい!」と誰しもが思いますよね?しかし、花火の写真はものすごく難しいです。スマホで奇麗に撮るとなれば、スマホの性質も知っておかなければなりません。

デジタルの時代に入ってからは一度も花火写真を撮影したことがなく、カメラマニアと言ってはいけない私ですが(笑)、一眼レフで撮影したみたいにダイナミックで奇麗なスマホ写真を撮るコツをお教えします。

スポンサーリンク

スマホで花火を奇麗に撮るには?

スマホのカメラは性能が上がってきていて、コンパクトデジタルカメラと同等の写真が撮れるようになりました(むしろ、コンデジは必要ない時代へと突入)。しかし、花火を含めた夜景写真だけは劣ります。カメラで撮影するのも難しいのですがね…。

花火撮影の基本中の基本として、花火の撮影には三脚とリモートシャッター(またはリモコン)が必須ということです!一眼レフにもコンパクトデジタルカメラにもスマホにも手ブレ補正機能は付いていますが、微妙な手ブレには勝てません。そして、光も少ない状況だからこそ、本体に触れないことが奇麗に撮るための秘策と言えます。

少し荷物になってしまいますが、スマホでも一眼レフのような美しさを表現したいのであれば、スマホ用の三脚とBluetoothのリモートシャッターを用意しておきましょう。

iPhoneなら純正のイヤホンがレリーズシャッターの代わりになるので、有線が好きな方はこちらを利用しても大丈夫です。

あとは純正のカメラアプリを使用するのか、夜景撮影に特化したアプリを使用するのかで出来栄えが変わります。どちらを使用するにしても、性能を熟知しておくことが失敗を少なくする方法です。

スマホで花火を奇麗に撮るための準備
  • フラッシュやライトはオフにする(物の撮影ではないので必要ない)
  • スマホ用三脚を必ず使用する
  • レリーズシャッターを使用する
  • カメラアプリの特性を熟知する

スマホで花火写真を撮影する時のコツは?

なんといっても外せないのは、撮影をする場所です!遮るものがある場所や、人が多い場所ではそれなりにしか写せません。

適当な場所で撮影するのではなく、いい位置に上がる場所を確保しましょう。撮影のコツを知っても、残念な写真になってしまいます。

バルブ撮影の重要性

花火は色鮮やかに見えますが、ただの光でしかないのでカメラが認識しにくいです。目には明るく見えても、カメラは「暗い」と認識してしまうので、普通にシャッターボタンを押すだけではただの点にしか写らないこともあります。一眼レフで花火を撮影する時は、バルブ撮影でいくつもの花火を重ねて写します。

スマホの純正カメラアプリにバルブモードはありませんが、夜景モードであればバルブ撮影と似たような効果が得られます。

バルブ撮影とは

長時間露光をする時に使用する撮影方法である。カメラのレンズを開いたままにすることで、暗いところでも光を集めて明るい写真が撮影できる。星や夜景、滝の撮影などに向いている。レンズを開いたままにするので、三脚とレリーズシャッターまたはリモコンが必須。

奇麗な花火写真のイメージは下の写真のようなものですよね?

スマホのカメラは通常のレンズとは違いますが、夜景モードでカメラのレンズを開いたままにするのと同じ効果が得られます。夜景撮影に特化したアプリだと、よりバルブ撮影に近い状態にできます。

このように、時間を掛けて撮影をすることで、いくつかの花火が重なり、上の花火のような写真に仕上がります。

一眼レフだと、何分も開きっぱなしにしておき、レリーズシャッターのホールドボタンを押すことで撮影しない時間帯が作れます。

スマホだとこれができませんが、写したくない時に黒い紙をレンズの前に入れることでホールド状態にもできます。私が使用している優秀カメラアプリ『Camera+』だと、最大で30秒もシャッターが開けていられるので、バンバンと打ち上がる花火であればこの方法が使えます。

コントラストの重要性

花火の美しさは、暗い夜空に映えるからこそですよね!だからこそ、暗いところ(夜空)と明るいところ(花火)のコントラストをはっきりさせることが重要です。そのためには、「明度」「彩度」の調整をしなければなりません。

純正のカメラアプリでも「明度」「彩度」の調整はできますが、夜間の撮影に関しては限界があります。そこで、よりコントラストをハッキリさせるために、HDRという機能を使うといいでしょう。スマホのカメラに備わっていなければ、他のカメラアプリで後から加工すると夜空と花火がちょうどいい色味で残せます(iPhoneは純正に備わっている)。

スマホカメラのHDR機能とは

ハイダイナミックレンジ合成(High Dynamic Range imaging)の略で、異なる露出(写真全体の明るさ)の写真を連射し、最適な露出で合成をしてくれる。白飛び(白く写る現象)や黒つぶれ(黒く写る現象)の失敗が少なくなるが、手ブレを起こしやすい欠点がある。便利な機能だが、三脚を使用しないとぼやけた写真になってしまう。

HDRはあくまでも自動設定なので、好みの色に仕上がらないこともあります。より満足度の高いくっきり写真を作りたいのであれば、加工アプリにあるHDRでコントラストを調整した方が一眼レフに近い写真に仕上げられます。

スマホでの花火撮影に使いたいアプリ

Camera+(iPhone)

カメラアプリをいろいろと試してきた私が最もおすすめするのは、先程もご紹介した有料の『Camera+(240円)』です。

iPhoneのみなのが残念ですが、一眼レフ並みに「シャター速度」「ISO」「ホワイトバランス」「AF/AEロック」「マクロ/遠景」などの設定が細かくできるので、純正のカメラアプリは使ったことがありません。30秒のプチバルブ撮影もでき、加工度も自由なので、花火撮影にも適しています。スマホでの撮影は、これさえあれば怖いものなしです。

しかし、「手軽に花火だけが奇麗に撮れればいいんだけど!」という方には、もっと簡単に使えるアプリの方が花火自体も楽しめます。

Camera+

夜撮カメラ(iPhone/Android)

自動手ブレ調整機能付きの夜の撮影に特化したアプリです。無料でダウンロードができますが、課金をした方が満足度の高い花火撮影ができます。

花火の撮影時にかかせない「明度」「彩度」の細かい設定ができ、連写モードやコンポジット合成機能(※)を備えています。

時間無制限のバルブモードを使用すれば、スマホで一眼レフに負けない写真が撮れる可能性も?!ただし、バッテリーの消費が激しいので、モバイルバッテリーは必須です。もちろん、三脚とレリーズシャッターは準備してくださいね!

※写真を何枚か撮った後、明度の明るい画像に暗い画像を合成してちょうどいい明るさに調整する。

夜撮カメラ
for iPhone
  夜撮カメラ
for Android

スマホでサクッと奇麗な花火写真を撮りたいがために、手持ちで撮ろうとする人があまりにも多いです。それなりには撮影できますが、一眼レフでさえ手持ちで撮ったら残念な仕上がりの写真にしかなりません。

「荷物は増やしたくない〜!」とお嘆きのあなたは、動画を撮影してトリミングをするという裏技もあります。画質は落ちますが、ベストな部分でスクリーンショットを利用すると奇麗に残せます。ただし、動画も手持ちだと手ブレを起こしてしまうので、三脚だけは絶対に準備をしてください。

この記事を書いた人

an
an