暮らしのヒント

既婚で友人の結婚式に出席するとなると、未婚時に着ていた服装はためらってしまいますよね?何も考えずに選んでしまうと、イタイ人と思われてしまい、友人の顔にも泥を塗ってしまう可能性があります。

落ち着いた色のドレスや、子どもの入園式や入学式などにも着回せそうなワンピースなどを選ぶ方が多いですが、結婚式なので華やかさも必要です。

既婚女性が着て行っても恥ずかしくない服装・色の選び方・小物・髪型などを、失敗談も含めてご紹介します。

スポンサーリンク

服装の色選びは慎重に!失敗する人続出

結婚式で一番に目立たなければならないのは新婦さんなので、白や白に見えるベージュなどはタブーとされています。お色直しで着るようなドレスの色も避けたいところです。

既婚女性は、落ち着いた色を選ぼうと思ってネイビーや黒を選ぶ方が多いのですが、ほとんどの方が失敗しています。

20代後半

爽やかなパステルカラーもかわいいと思いましたが、お色直しと被るのは嫌なので、ネイビーのレース切り替えワンピースを選びました。デコルテ部分がレースになっていますが、スケスケという感じではなく上品なタイプです。写真で見るとほぼ黒に見えてしまって、重苦しい印象になってしまったと思います。もう少し青っぽいネイビーにするか、アクセサリーにこだわって全体的に華やかにすれば良かったです。

30代後半

無難なブラックのワンピースは長く着られると思って着たところ、結婚式の服装としては地味でつまらなかったです。やはり、カラーの洋服や着物の方が華やかで良いと思い、その後に招待された結婚式では、水色のノースリーブワンピース(膝下丈)を選び、ボレロで肩から肘までを隠しました。30代後半ともなると、みんなが地味系に偏るので、新婦である友人からは喜んでもらえました。

30代後半

30歳を過ぎると、無難に黒を選びがちで、実際に友人たちも黒の率が高かったです。お葬式のようになってしまって申し訳ないと思いました。奇麗な色の服はたくさんあるので、肩出しやフリル系を避ければ、既婚者でも恥はかかないと思います。

20代だと未婚の女性も多いので、既婚でもそれほど気にすることはありませんが、30代でも後半を超えると既婚率が高まり、一気に地味な服装を選ぶ確率が高くなります。

最近では、20代の未婚女性でも地味な色を選ぶ人が増えており、男性も基本的には黒や紺のスーツを着るため、会場全体がお葬式のような雰囲気になってしまいます。

露出や服の形にだけ気を付けて、ある程度は華やかな色の服装を選ぶようにしましょう。

既婚女性が結婚式で着る服装

服装のマナー

  • 白や白に見えるベージュ・ゴールド・シルバー・グレーなどはNG
  • 全身が真っ黒または黒く見える服装は避ける
  • 過度な露出はNG
  • スカート丈は膝丈または膝下
  • 生脚・柄の入ったストッキング・カラーストッキングまたはタイツ・網タイツはNG

20代前半であったり、20代後半で周りに未婚者が多い場合は、既婚者であっても形や色にこだわる必要はありません。30歳以上の場合は、フリル系のワンピースやリボンが付いたワンピースなどは避けましょう。

服装の色では、多くの方々が黒やネイビーにこだわってしまうため、既婚者が多ければ多いほど地味な印象になってしまいます。上品さを失わなければ、サーモンピンク・明るめのブルー系・明るめのグリーン系などを選ぶと、華やかさが増して新婦にも喜ばれます。秋や冬の結婚式なら、ボルドー系も合います。友人が新婦であるなら、できるだけダークな色は避けてください。

露出に関しては、夜のパーティであれば少しはOKですが、昼のパーティであれば未婚であっても避けるべきです。チャイナドレスのようなスリットの入っている服装も避けましょう。年齢を重ねている方は、袖のあるワンピースがおすすめです。

色や服の形が決まらない方は、留め袖を選ぶという方法もあります。ただし、着慣れていないと、ぎこちない雰囲気になってしまう可能性もあります。

レンタルと購入

今後も結婚式の予定がいくつか入りそうであれば、ジャケット付きのワンピースを購入するといいでしょう。お子様がいれば、入園式や入学式にも着ていけます。

今後は結婚式に招待されることがほとんどないのであれば、レンタルドレスを利用するといいでしょう。小物もセットにすればお得です。

結婚式にふさわしい靴

  • オープントゥ、サンダル、ミュールは縁起が悪いのでNG
  • ブーツ、スニーカーはカジュアル過ぎるのでNG
  • アニマル柄、革は殺傷を意味するのでNG
  • バイカラーは別れを想像させるのでNG

結婚式には、未婚であっても既婚であっても、洋装であればパンプスが基本です。履き慣れていない方もいるかもしれませんが、3cm〜5cmのエレガントなピンヒールを選ぶといいでしょう。

結婚式にふさわしいバッグ・アクセサリー

バッグはクラッチバッグや小さめのハンドバッグを選びましょう。服装や靴に合わせるか、スパンコールやラメの入ったバッグがおすすめです。服装が暗めの時は、ゴージャスなバッグを選ぶと結婚式らしさが出ます。

アクセサリーは、ネックレスとピアスまたはイヤリングくらいにし、ごちゃごちゃとした印象にならないように気を付けましょう。ベストなのは小さめのパールで、アクセント程度に目立たないものがおすすめです。暗めの服装なら、天然石や上品なシルバーでもいいでしょう。

  • 生花、大きめのコサージュは花嫁より目立つのでNG
  • パール以外の白を使ったアクセサリーはNG
  • バイカラーのアクセサリは別れをイメージさせるのでNG
  • 季節感がないアクセサリーはNG
  • 腕時計(時間を気にするのはマナー違反)

結婚式にふさわしい髪型

ショートの方は、小物を使ってアレンジをしてみましょう。

ショート〜ショートボブのアレンジ
  • カチューシャ
  • ヘアピン
  • バレッタ
  • イヤリング、ピアス

カチューシャは、パールやドレスの色に合わせた物を選ぶとオシャレにまとまります。

ヘアピンやバレッタは、パールやお花の物を選ぶと結婚式らしさが出ます。

何も使用したくない方は、イヤリングやピアスで顔周りを華やかにしましょう。ただし、揺れる物は縁起が悪いのでNGです。

セミロング〜ロングのアレンジ
  • アップスタイル
  • ダウンスタイル
  • 自分でセットするのもいいですが、既婚者だからこそ美容室でしっかりとセットしてもらうといいでしょう。アップスタイルでもダウンスタイルでも、美容師がまとめた方が奇麗に仕上がります。

    ハーフアップやアップスタイルが人気で、ヘアアクサリーをプラスすると華やかな感じが出ます。

    「既婚女性が友人の結婚式に選ぶ服装と髪型」のまとめ

    基本的には、既婚者だからNGな服装や髪型というものはありません。年齢に応じて、服のデザインや色やアクセサリーの仕様が変わります。

    あとは、結婚式のマナーやタブーを頭に入れておき、新郎新婦に恥をかかせないように気をつければ問題ありません。

    明るい結婚式になるように、色を添える服装や髪型を選んでみてください。

    スポンサーリンク

    この記事を書いた人

    an
    an