暮らしのヒント

12月に入ってから身内に不幸があると、年賀状の対処方法に困りますよね……。

数年前の12月半ばに義父が亡くなりました。お通夜・葬儀・初七日でバタバタしてしまい、正直言って年賀状どころではありませんでした。

12月になってから身内に不幸が起こった場合、年賀状の対処方法はたった一つしかありません!私が乗り切った対処方法をお伝えします。

スポンサーリンク

12月になって身内の不幸があったら喪中はがきは必要ない!

年賀状の引受は12月15日からです。現代では手書きの年賀状を作成する方は少ないため、インターネットで注文する場合は早めに行動してしまいます。早割価格を狙うような方だと、11月中に作成してしまうなんてことも!

要するに、相手が年賀状を作成する前に喪中であることを知らせるため、喪中はがきは11月から12月の初めまでに届くようにするのがマナーです。

ところが、12月に入ってから身内に不幸が起きると、例え初旬であってもすぐに準備などできませんよね?葬儀が終わる前に作成するのもおかしな話ですから、わざわざ喪中はがきを準備をする必要はありません。我が家の場合は年賀状の引受開始日より少し前に義父が亡くなりましたが、お通夜が3日後だったので、すぐに年末が来てしまいました。

もし、準備をするのであれば、少なくとも12月10日くらいまでには喪中はがきが届くようにしましょう。それ以降になるのであれば、他の方法で対処してください。

喪中はがきの基準

基本的には2親等以内です。

  • 実父母・義父母
  • 配偶者
  • 実きょうだい・義きょうだい
  • 実祖父母・義祖父母
スポンサーリンク

亡くなった時期により対処方法が変わる

亡くなったことを伝えるのは、相手によって変わります。

私の場合は義父だったので、後になってから友人に伝えました。実父母や実きょうだいであれば、友人と関わりがある場合もあるので、亡くなった直後に知らせた方がいいでしょう。

相手方と故人との関係性により、臨機応変に対応してください。

12月初旬に不幸があった場合

12月初旬だと、まだ年賀状の準備をしていない方もいるでしょう。

親しい友人には、メールやSNSを利用して、誰が亡くなったのかを知らせておきます。まだ作成をしていない方であれば、あいさつを控えられますよね!

年賀状くらいしかやり取りがない知人であれば、お知らせはせずに寒中見舞いで対応しましょう。気を使わせずに済みます。

12月中旬に不幸があった場合

既に準備をされている方も多いと思うので、友人・知人ともに寒中見舞いで対処します。

我が家は正に中旬だったので、親しい友人にも連絡はせず、届いた方にだけ寒中見舞いを送りました。

仕事関係で年賀状のやり取りをしている場合は、関係性の深さにより対処方法を変えます。プライベートでもお付き合いをしている場合は寒中見舞いを送り、仕事だけの関係性の方には年賀状を事前に出しました。

12月下旬に不幸があった場合

年賀状を元旦に届くようにするには、25日までの投函(とうかん)もしくは申し込みが必要です。既に投函(とうかん)してしまっている可能性が高いので、寒中見舞いを送ってお知らせしましょう。

年末の場合は、自身でも作成済みの可能性もありますよね?この場合、まだ投函(とうかん)していないのであれば、28日までに郵便局に持っていくとはがきに交換してもらえます。インターネットで申し込んだ場合はキャンセルできない可能性が高いので、年賀状を送ってしまう以外に方法はありません。

実父母・実きょうだい・配偶者・子が亡くなった場合は、年賀状が届けられた後にでもいいので、友人や知人にだけはお知らせしてください。

寒中見舞いの文例は?

寒中見舞いは、松の内が明けて(関東地方は8日、関西地方は16日)から送ります。

どんな文例にすればいいのか迷うと思いますが、今はインターネットで簡単に寒中見舞いを注文できるので、自身にあった文例を選んで作成すれば問題ありません。

誰でも簡単に文章を作成できるようになっているので、文例が書かれているサイトを調べなくても作れます。

私たちは、文例が豊富だった『カメラのキタムラ 年賀状』を利用して作成しました。名前や日にちを入れるだけなので、簡単に作成できましたよ!

「12月になって身内に不幸!年賀状の対処方法」のまとめ

12月になってから身内に不幸があると、想像以上に忙しい日々が続きます。

あまり難しいことは考えず、便利な年賀状・寒中見舞い作成サイトを利用して、時短を測るようにしましょう。

相手方も心情を察してくださるので、「正式なマナーって?」と悩む必要はありません。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

森林
森林