暮らしのヒント

男性は女性に比べて、スーツと靴にさえ気を付けていれば恥をかくこともないため、冠婚葬祭における場であっても、靴下に無頓着の方は多いです。

しかし、男性の服装にもマナーは存在し、靴下にも決まりがあります。「ズボンの下だから見えないし、何を履いても一緒」と高をくくっていると、思いがけないタイミングで恥をかくかもしれません。

日頃から靴下に無頓着の方は、せめて冠婚葬祭の場においてだけでも注意を払ってください。

スポンサーリンク

結婚式で選ぶべき靴下

意外に思われるかもしれませんが、結婚式で男性が履くべき靴下はダーク色と決まっています。

靴下の色

結婚式というフォーマルな場では、黒がもっとも無難とされていますが、スーツの色が紺やダークグレーの場合は、黒に近い濃紺やダークグレーが許容されています。

ネクタイが白なので、白い靴下を選びたくなるかもしれませんが、白の靴下は新郎が履くと決まっています。くれぐれも間違えないように気を付けたいですね。

色以外の注意点

靴下の種類や柄、丈にも注意が必要です。

くるぶし丈のスニーカーソックスは、カジュアルなシーンに合わせるものなので避けましょう。ミドル丈からロング丈の靴下を選べば問題ありませんが、膝下まであるロング丈のタイプであれば、ずり落ちる心配もないのでおすすめです。

柄物も同様にNGです。礼服用の靴下としてストライプのものを見かけたことがある方もいるかもしれませんが、モーニングに合わせるものと決まっているため、招待客の装いとしてはふさわしくありません。

ワンポイントの入っている靴下は、裾が上がった時に見えなければ問題はありません。黒の無地にワンポイントという靴下はなかなかないと思いますが、こだわりがあるのであれば控えめにしておきましょう。

結婚式の靴下を選ぶ時は、黒に近いロング丈の無地の靴下であればまず失敗はありません。華やかな席でオシャレを楽しみたい気持ちは、こういった制約のない二次会までとっておきましょう。

スポンサーリンク

葬式で選ぶべき靴下

葬式に参列する場合、男性は上下ともに黒のスーツを着用するのが常識です。Yシャツの白以外は、ネクタイや靴下も含めてすべて黒一色で統一する必要があります。

靴下の色

現代の葬式では、セレモニーホールで行うのが一般的です。かつてのように靴を脱ぐような機会が減ったので、「見えなければ問題ないのでは?」と思われている方もいらっしゃいます。

しかし、靴を脱ぐ機会はゼロではないため、グレーはもちろん、紺色や濃い茶色などもNGです。仮に靴を脱がないとしても、何かの拍子に裾が上がるようなことがあれば、黒のスーツでは目立ってしまうので気を付けましょう。

黒にもいろいろな種類がありますが、オーソドックスな濃い黒で光沢のない素材を選ぶのがマナーです。

色以外の注意点

柄が入っていない靴下を選んでください。例え、周囲の人たちの目に触れないとしても、ワンポイントが入っている靴下は極力避けるようにします。

靴下はズボンの裾で隠れるため、丈は特に気にする必要はありませんが、ズボンの裾から素足が見えるような短いタイプは禁物です。

喪服に関しては、出張中や出先で準備ができなかったり、社会人1年生で喪服の購入が間に合わなかったりした場合は、レンタルするという方法もあります。葬式用の礼服は、葬儀場や結婚式場でも一式レンタルできる場所がありますし、貸衣装の専門店でも借りられます。

しかし、靴下はレンタルしていないことが多いため、コンビニエンスストアや衣料品店で購入する必要があります。

仮通夜について

葬式のマナーとはまったく異なるのが仮通夜です。

仮通夜は、故人が亡くなった当日の夜に、親族やごく親しい知人・友人だけが集まる機会です。礼服で向かうのは失礼に当たるので、平服で行きましょう。ダークな色の普段着であれば、恥をかくこともありません。

靴下に関しても、普段からはいているもので問題ありませんが、仮通夜では自宅に上がるのが一般的なので、あまりに派手な靴下は避けるようにしてください。せめて、黒に近い無地のものを選んで履くようにしましょう。

「冠婚葬祭での男性靴下の選び方」のまとめ

冠婚葬祭での男性の靴下は、女性ほどシビアになる必要はありません。しかし、仕事関係での参列となれば、マナーを知らないと上司にも恥をかかせてしまいます。

大人の男性として、色・柄・光沢の有無などには気を遣いましょう。

結婚式でも葬式でも、オーソドックスということを頭に入れておけば、間違いはありません。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

K
K