暮らしのヒント

窓から隙間風が入って「暖房が効かない!寒くてたまらない!」となると、心なしか気持ちがどんよりしますよね……。

我が家は引っ越しをしたばかりで、夏と冬を快適に過ごせるようにと、カーテンは断熱カーテンを選びました。でも、暖房の効果はアップできましたが、窓のサッシの隙間から風が入り込むのを防ぐ事は難しいと思い知らされました。

そんな時はやはりアナログな対策が一番!隙間テープを使って、窓やサッシの隙間から入り込む風をシャットアウトするしかありません。つい先日、寒さ対策を施したばかりなので、隙間テープの種類や貼り方などをご紹介します。

関連記事防寒パネルで暖房効率をアップ

スポンサーリンク

窓・サッシ用の隙間テープの選び方

隙間テープは裏にのりがついていて、シールのように貼ったり剥がせたりできるので、わりと不器用さんでも簡単に使えます。長さも好みの長さにカットできますし、幅広タイプのテープなら用途によって半分にカットして長さの調節もできます。

隙間テープと断熱シートは違う!

私は隙間テープと断熱シートの違いが分かっていませんでした。

ホームセンターに行くと、2つは同じ場所に置かれて販売されていたので、「貼るスペースも広いし、大き目のシートで冷気を防止しよう!」と断熱シートをたくさん貼ってみたのです。大は小を兼ねるともいいますしね……。

結果、隙間風は全く防げず、風の強い日はピューと冷たい風が入ってきました。断熱シートは室内の熱を逃がさない効果しかないので、隙間風を防ぐためには必ず隙間テープを購入してください。

種類が豊富で用途によって使い分けもできる

隙間テープは、100円均一・ホームセンター・ドラッグストア・スーパーなどで購入ができます。どうしても買いに行けない事情があるのでしたら、インターネットで購入してください。

隙間テープの幅は豊富にあり、ホームセンターで確認したものでは3種類ありました。

  • 15mm
  • 30mm
  • 50mm

メーカーによってはこの幅以外にもあるかもしれませんが、お店ではこれらのサイズをよく見かけます。場所や用途によって使い分けるといいですね。

隙間テープの素材で多く見られるのがスポンジタイプの商品です。簡単に曲げられるので扱いやすく、角の部分にも簡単に折り曲げて貼れます。角の部分だからと、わざわざ切らなくても奇麗に貼れますよ!もし、ゆがんで貼ってしまっても、すぐに剥がせて貼り直しができます。不器用さんでも安心して使えます。

色はグレータイプが多いので、サッシの色にもなじみやすく、窓にもなじみやすいです。家では窓枠に囲うように貼っていますが、全然目立たないのでインテリアの邪魔をしません。広範囲に貼っても大丈夫です。

起毛タイプの隙間テープもあります。起毛タイプは水にも強く、ホコリ・花粉・虫の侵入を防ぎます。スポンジタイプだと窓の開閉時に若干スポンジの擦れる音がする可能性もありますが、起毛タイプだと窓の擦れる音が減少します。

窓枠のサッシに貼ると、スポンジタイプは開閉した時にテープがぐちゃぐちゃと剥がれる事もありますが、毛足がある起毛タイプはスムーズに開けられます。

我が家の窓は、朝になると結露で窓がびっしょりとぬれてしまいます。そのため、結露でも剥がれくい防水タイプの隙間テープを購入しました。結露に強く、剥がれる事もないので、外からの冷気も防いでくれます。

剥がす時に簡単に剥がれるタイプの隙間テープもありますので、購入する際は“使用する長さ”“貼る場所”など、メモを持って行って購入する事をおすすめします。

隙間テープの貼り方

できるだけ剥がれないようにすることと、どの部分に貼るのかをしっかりとチェックしてから隙間テープを貼っていきましょう。

貼る前に準備をしておくこと

窓枠のサッシの部分はホコリや汚れがたまりやすい部分ですので、しっかり掃除をしてから貼るようにしましょう。ホコリがたまっているように見えなくても、雑巾で拭いてみると黒いホコリがつくので、ぬれた雑巾でしっかりと拭いておく必要があります。

少しでもホコリがついたまま隙間テープを貼ってしまうと、うまくつかずにすぐに剥がれてしまいます。ここを怠らなければうまく貼れます。

隙間テープを貼る部分

窓の下の溝

窓の下の溝に貼ると、わずかな隙間からの冷気を防げます。冷気は下から入りやすいので、窓の下の部分はしっかりと隙間テープで埋めてしまいましょう。

起毛タイプの隙間テープを使用している方は、起毛の長さによっては厚みで窓が動かない場合もあります。分厚いからいいという訳ではないので、溝の深さを考えた上で購入するようにしてください。

窓枠に貼る

窓枠に貼ると、冷気によって室温を下げずに済みます。暖房の効いた部屋の保温効果もあります。

隙間テープを貼った後は、窓の開閉がしにくかったり、最後まで閉めずらかったり、鍵を閉めるのが難しく感じたりなどがありますが、繰り返すうちに慣れていきます。

「窓・サッシからの冷気を隙間テープでシャットアウト」のまとめ

夜中は寒くて耐えられない状況が続いていましたが、テープを隙間なく貼る事で冷たい風がブロックされて大きく改善しました。

サッシの部分もテープでブロックすると、暖房の温度をそれほど上げなくても快適に過ごせています。ほんの少しですが、暖房費の節約にもなっています。

意外と簡単に隙間風を防げるので、暖房が効かずに悩んでいる方なら絶対に貼るべきだと思いますよ!

関連記事防寒パネルで暖房効率をアップ

スポンサーリンク

この記事を書いた人

Im
Im