暮らしのヒント

窓からの冷気にはこれ!防寒パネルで暖房効率をアップしよう

公開日:更新日: コメントなし

暖房をつけていても、窓から寒い冷気が漂ってくることって多いですよね?我が家も例外ではなく、エアコンや電気ストーブをつけていても、座る場所を移動するとヒヤッとしていました。

あまりにも暖房が効かない時は、防寒パネルの使用が便利です。隙間テープで冷気をシャットアウトする方法もありますが、防寒パネルの方が体感温度は上がりますので、使用をしたことがない方にはおすすめできます。長年使ってきたので、使い方や注意点などもお伝えします。

スポンサーリンク

窓を開けていないのに寒い!その原因はある現象にあり

暖房の温度をいくらあげても部屋が寒く、窓の近くにソファーを置いている方などは背筋が凍るような寒さを感じた事があるかと思います。それは窓から冷やされた空気が下から流れ、部屋の中に冷たい空気が広がる現象「コールドドラフト」が起こっているからです。

コールドドラフト現象が起きている時は、「外からの風が入り込んでいるのではないか?」と思って隙間テープで対応しても、窓ガラスが冷やされているので暖かくなりません。厄介なことに、暖房の温度を上げても、室温を下げる一方で解決策にはならないのです。

コールドドラフト現象以外にも、熱が窓から逃げてしまうという悪循環もあります。冬の寒い日は熱が逃げて室温が下がるため、暖房も効きづらくなってしまうのです。

スポンサーリンク

しっかりと窓の防寒対策をしよう!

暖房が効かないと気付いた時に、我が家では隙間テープで風の流れを防ぎました。しかし、コールドドラフト現象のことを知り、防寒パネルの導入に踏み切りました。

窓を断熱性の高いガラスに交換すれば暖かいのですが、「賃貸だからできない」「窓の交換は高価だからもう少し手軽な方がいい」と思われる方にはおすすめです!我が家も賃貸なので、簡単に交換することはできず、コールドドラフト現象を知ってからはずっとお世話になっています。

安くて優秀な防寒パネル

防寒パネルは発泡ポリエチレンでできており、窓際に立てるだけで簡単に防寒ができるといった優秀なアイテムです。窓際の冷気を床下に流れるのを防ぐ効果もあり、下から上に冷気の流れをストップさせるため、暖房を入れても部屋の室温を下げません。

暖房の効果が下がらないので、電気代のカットや省エネにも役立ちます。冬場は暖房代がかさむご家庭も多いと思いますが、防寒パネルを使うだけでお財布にも優しいですよ!

発泡ポリエチレンは風も通さない性質で、立て掛けても倒れてくることもなく、しっかりと設置できます。窓や壁の角に合わせて、角度も調節ができます。

防寒シートのような窓に直接貼るタイプの商品だと、賃貸や表面に凹凸のあるガラスでは貼るのが難しいですが、防寒パネルだと立てて置くだけなので時間もかかりません。

防寒パネルはハサミやカッターでカットできるため、窓ガラスのサイズに合わせられます。窓の大きさによってはパネルが長い可能性もあるので、窓枠に合わせて長さの調整をしましょう。

日差しが遮られるなどの心配があれば、ご自宅の窓の大きさのサイズに合わせて購入してください。出窓に防寒パネルを置く場合は、購入前にサイズを測っていく事をおすすめします。サイズがわかっていれば、無駄な部分をカットする事なく使用できます。

無地の商品が多いのですが、現在では色の種類も増えて、花柄やイラスト付きのパネルもあります。窓をかわいく見せたいといった方には、工夫次第で窓のおしゃれも楽しめます。雪の結晶の柄などは、お子様がいらっしゃるご家庭にはおすすめです。

季節が変わって使う必要がなくなれば、折りたたんで次のシーズンまで収納できます。毎年のように購入する必要がないので、家計にも優しいですね!

時間がたつとほこりなどの汚れが気になるようになりますが、汚れの部分を軽くぬらした布で拭くだけで汚れは簡単に落ちます。寒い時期が長期で続いても、パネル自体が駄目になってしまうことはないので、コストパフォーマンスには優れています。

結露が発生するご家庭ではご注意を

冬の時期は結露が発生する事もあります。毎朝、結露で窓に水滴が一面についているご家庭では、カーテンに水滴の浸透を防止する効果もあるため、カーテンにカビが生える心配も少なくなります。

ただし、パネルに結露の水滴がついている時は乾いた布でこまめに拭くようにしてください。そのままにしておくと、いつのまにかパネルがカビで黒ずんでいたり、防寒パネルについた水滴が床にたまってしまったりします。

結露の防止には向いていないので、結露が発生する窓には結露予防シートがあると便利です。貼るのが嫌な方は、水滴ワイパーで結露を除去したり、雑巾で結露を拭いたりして、防寒パネルがカビないように対策を取ってください。

防寒パネルが購入できる場所

防寒パネルは、スーパーやドラッグストアの防寒対策のコーナーなどで置いている事もありますが、非常に種類が少ないです。種類が1〜2種類しかなく、希望するサイズがなくて困りました。

大型のホームセンターでは、サイズやパネルの柄やメーカーなども豊富にあり、好みの防寒パネルを購入できますよ!お店が近くにない時は、オンラインショッピングでの購入がおすすめです。お値段もお手頃です。

「窓からの冷気には防寒パネル」のまとめ

防寒パネルを置いてから、窓際からの冷気を感じる悩みはなくなりました。

引っ越しで捨ててしまったので、隙間テープだけで乗り越えてみようと思いましたが、根本的な寒さ対策にはなりませんでした。

防寒パネルだと暖房をつけていても部屋が暖まる時間が早く感じますし、気温が暖かくなるまで使った方がいいですね。「寒くてたまらない!」という方は、暖房を使う時期だけでもぜひ使ってみてください。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

Im
Im