暮らしのヒント

エアコンの室外機や窓に直射日光が当たらないように、すだれやよしずをかけています。

でも、前々からなんとなく気付いてはいたのですが、蜂がこれらを目指して飛んできていることが判明しました!「すだれ ハチ」で検索してみたら、似たような経験をされている方がたくさんで……。

気付かないふりをしていましたが、天然素材のすだれやよしずがあると、どうやら蜂がやってくるらしいので、日よけやエアコンの節電対策で使用中の方は要注意です。

スポンサーリンク

すだれやよしずに蜂が飛んで来る理由

学術的な文章が見つけられなかったので、正しい理由はわかりませんが、どうやら巣作りのための材料集めに来ている説が濃厚のようです。

すだれは竹やアシ、よしずはアシという天然の素材で作られています。新しいと水分を含んでいるので寄ってきませんが、我が家のようにかけっぱなしの状態にしていると、乾燥しているために、蜂にとって巣の材料として適しているのです。

巣作りのためにお仕事をしているのだから、無視していれば刺されることはないですが、知らずに触れるようなことがあれば攻撃されてもおかしくはありません。ベランダや庭に出る時は、警戒しておいた方がいいでしょう。

飛んでくるハチの種類

飛ぶ虫が苦手なので、どのハチであるかはわかりません。恐らく、我が家に飛んできていた蜂は、アシナガバチというスズメバチ科の蜂です。

すだれをじっくりと観察したことがないので、私は見たことがありませんが、竹筒ハチ(アジアキタドロバチ、ハラナガハムシドロバチ、オオフタオビドロバチなど)と呼ばれている蜂も寄ってくるようです。

調べた感じでは、アシナガバチも竹筒ハチも見た目はほぼ変わりません。よほどのハチマニアではない限り、見分けはつかないでしょう(少なくとも、私にはわかりません)。

竹筒ハチはすだれやよしずの筒の中に巣を作り、筒の中で幼虫を育てます。竹筒ハチの種類は豊富で、スズメバチ科やミツバチ科の蜂がこれに当たるようです。

万が一の話ですが、すだれやよしずにやって来る蜂が猛毒のスズメバチだとしたら、のんきに生活している場合ではありませんね!

スポンサーリンク

すだれやよしずを使いたい時の対策方法

新しい物に買い換える

巣作り用の材料を取りに来ているとしたら、適材じゃなければいいわけです。

乾燥している古い物だと適材になってしまうので、時期を見て新しい物に取り換えてしまいましょう。

窓の日よけ用として使用するなら、室内用のすだれに交換してしまうのもいいでしょう。

他の素材に交換する

素材は竹やアシにこだわる必要はないですよね?

プラスチックやシリコンで作られたすだれやよしずもあります。色も豊富なので、洋風の家でも使えて便利です。

異素材の場合は、UVカット加工をしているものもあるので、紫外線を家に取り入れたくない方にもおすすめできます。我が家も買い替えてしまいました。

ただし、竹筒ハチは筒を好んでやってくるため、穴の空いた物だと無意味かもしれません。

巣を作られてしまった時の対処法

家の周りに巣を作られたり、すだれやよしずの中を巣にされてしまったりしたら、思い切って駆除業者にお願いしましょう。

蜂がいきなり攻撃を仕掛けてくることは基本的にありませんが、敵に攻撃されそうになった時に針で刺そうとします。

私は、子どもの頃に洗濯物の中に紛れ込んでいた蜂に刺されたことがあるため、今でもトラウマになっています。

蜂毒に対してアレルギーがあったり、以前に刺されていて抗体ができていたりすると、アナフィラキシーショックで死に至る可能性もあります。自分でどうにかしようとせず、駆除業者に頼むのが一番です。

「すだれやよしずに蜂」のまとめ

すだれやよしずは、絶対に使わなければいけないものではありませんが、夏の時期はエアコンの効率を良くするのに意外と役立ちます。

どれほどの節電対策になっているかは知る由もありませんが、使っていなかった頃に比べるとエアコンの効きは良くなったと実感しているので、節電対策に使いたい方は買い替えや素材を変えるなどの工夫をして乗り越えましょう。

もし、蜂に出くわしてしまった時は、興奮させないように気を付けてください。触れなければ何もして来ないので、落ち着いて対処しましょう。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

森林
森林