暮らしのヒント

水回りの掃除用洗剤って多すぎると思いませんか?「一体、何を使っていいのかわからない」なんてこともあると思います。

自分で使いやすい洗剤を使うのが一番ですが、水回りはなかなかきれいな状態を保つことができないので、ちょこちょこと掃除できる方法がいいですね!こまめにやれば洗剤も必要ないということに気付いたので、優秀なアレとコレでできる簡単な掃除方法をお伝えします。

安い上に簡単で、ぬめりやニオイなどとは無縁の生活ができるので、掃除が嫌いな人ほど取り入れてもらいたいです。

スポンサーリンク

水回りの掃除は洗剤代わりのスグレモノにお任せ

ナチュラルクリーニングではおなじみの重曹とクエン酸が、水回りの洗剤代わりを担ってくれます。

でも、使い方がよく分かっていない方も多いですよね?決して難しくはないし、安全で節約にもつながるので、常備しておくことをおすすめします。

キッチンの水回りの掃除

シンクなどキッチンの水回りの汚れはしっかり取らないと、汚れが蓄積され、一気にくすんでしまいます。見た感じも不衛生ですよね。

水回りの掃除で一番悩むのはタイミングです。食器や鍋の洗い物などは1日のうちで何度もやらなければいけないので、こまめに水回りの掃除をしても、すぐに汚れてしまいます。

奇麗な状態をキープするのは意外と難しいですが、特に油汚れや水あかは残りやすいので、1日の終わりにでもいいので簡単な掃除を毎日行いましょう。

キッチン周りで活躍してくれるのは重曹です。重曹を小さじ1杯だけスプレーボトルに入れ、ぬるま湯200mlで溶かし、汚れにシュシュッとかけて軽くこするだけあっという間に奇麗になります。

スポンジを使ってこするのもいいですが、私はキッチンペーパーをよく使っています。つまようじも一緒に使えば、細かいところも拭けます。こすり落としたい汚れなら、やわらかくなった使い古しの歯ブラシがおすすめです。

頑固な汚れがあるところは、吹きかけてから少し時間を置いてからこすると汚れが浮き出て取れやすくなります。少量の水でペースト状にして、こすってから放置するのもいいですね。水回りじゃないですが、換気扇にはおすすめです。

スプレーなので蛇口の掃除にも便利ですよ!細かいところは使い古しの歯ブラシでこするとすぐピカピカになります。重曹は消臭効果があるので、キッチンには最適ですね。

水あかにはクエン酸水の方が効くので、同じようにスプレーボトルに入れて使っています。お酢を代用してもいいですが、ニオイが気になる人もいると思うので、クエン酸を購入してみてください。ドラッグストアで400〜500円くらいで売っています。

関連記事ステンレスの流し台を掃除するコツ

トイレの掃除は二刀流で

トイレの掃除には重曹とクエン酸の2つを使います。ただし、家族が掃除する時もあるので、トイレ用洗剤(家族の愛用品:花王のトイレマジックリン)を常備してあります。

便器内には直接振りかけた後、水を吹きかけて炭酸ガスを発生させます。便器の周りは、重曹水とクエン酸水を吹きかけて掃除をしています。うっかり掃除をし忘れてできてしまった黒ずみ汚れも、炭酸の力ですぐに取れます。

男性陣がいるお宅では、便座・床・壁には尿の飛び散りが多いですよね?私は尿のニオイも消してくれるクエン酸を吹きかけて掃除をしていますが、家族にお願いする時は厚手の流せるトイレクリーナーシート(家族の愛用品:花王のトイレクイックル)を使ってもらいます。

便座は重曹を使用してしまうと傷ついてしまう可能性があるので、重曹水とクエン酸水を使い分けるのは私だけにしています。

関連記事トイレの黒ずみを奇麗に掃除

洗面所の掃除は洗剤いらず

洗面所は朝の洗顔が終わった後に、ひと掃除してしまいます。毎日やれば、水あかもたまりません。

蛇口周りや排水口周りは、水あか取りスポンジでキュキュッとこすっておけば、大掛かりな掃除をしなくても毎日ピッカピカです。水あか取りスポンジなら、水をちょこっとつけてこすれば汚れがどんどん取れるので、洗剤は必要ありません。

鏡の汚れは水だけでは落ちないので、クエン酸水を吹きかけてから拭いています。こちらも、クエン酸を準備するのが面倒なら、お酢を代用しても大丈夫です。

こびりついてしまった水あかには、クエン酸水を染み込ませたキッチンペーパーを5分くらい貼っておきます。その後に拭き取ると、あっという間にピッカピカです。

鏡の汚れは放っておくと取りにくいですが、毎日のように掃除をしていれば、くもりのない奇麗な状態を保てます。自分の姿もはっきり見えてスッキリしますよ。

どの部分も、必ず最後にはカラ拭きをします。洗剤や水で拭いた跡がついていると美しくないので、必ず拭き取って乾かしてください。私は新聞紙を使って乾拭きをしています。

排水溝部分には重曹とクエン酸を1:1/2の量で振りかけて、思い切って水を流します。シュワシュワとしてきたら10分くらい放置して、あらためて水を流すとニオイや汚れがなくなります。排水溝用の洗剤は必要ないですよ!

面倒なお風呂場の小物洗いは残り湯を活用

いつもは洗濯物に使ってしまう残り湯も、1週間に1回はとっておいて、洗面器やイスやお風呂のフタなどをつけ置き洗いします。

残り湯に重曹とクエン酸を1:1/2の量で溶かして、1時間ほどつけておきます。汚れも湯あかも石けんカスも一気に取れるので、掃除が苦手な人でも簡単にできます。

シャワーの口を一緒につけておけば、ぬめりを取ることもできますよ。しばらく放置した後に洗い流せば、無理にこすらなくても奇麗になります。

浴室のお掃除には、基本的にクエン酸水だけで奇麗にできます。手荒れをしやすい方は、掃除用の手袋を使ってくださいね。

お風呂場をきれいに保つポイントは、きちんと乾燥することです。洗面器の裏側やイスの足などは赤カビが発生しやすいので、掃除の後もきちんと拭き取るようにしています。

我が家では、最後にお風呂に入った人が換気をすることになっています。これをやっておくと、浴室内のカビは繁殖しにくいです。

「水回りの掃除に洗剤は不要」のまとめ

水回りの掃除では、その場所に合わせて違う洗剤を使いたくなりますが、成分表示を見るとほとんどが同じです。1つにまとまったらいいのにと思っているなら、重曹スプレー&クエン酸スプレーをあちこちで使ってみてください。

お中元やお歳暮でいただいた洗剤があれば、そちらを活用してもいいでしょう。たまに洗剤で掃除をすると、強力な分解能力があるため、まるで大掃除をした気分になれます。

普段は簡単&お手軽に、年に数回は洗剤を使用して落とせない汚れを取るという使い分けもいいですね。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

森林
森林