暮らしのヒント

わき汗の量は千差万別!単に汗をかきやすいだけなのか、病気なのか、一時的なものなのか、「年中ひどい」と言っても素人では判断がつきません。

もともと汗っかきの私は、夏はもちろんのこと、冬でもわき汗が気になっていました。少し暖房がキツめに効いていれば、わきの部分がジンワリと湿った状態になります。色つきシャツならすぐに汗だとバレるほど!そんな私自身が実際に行っている対策方法や皮膚科医からの助言をまとめてみました。

スポンサーリンク

そもそも、わき汗がひどいってどの程度を指すの?

わき汗がひどい状態の共通点は、洋服にシミが目立つ状態のことを指します。ただし、病気であるか否かは、日常的にその状態であるかがポイントです。

  • 洋服が少し湿る程度(夏場のみ)
  • 洋服(わきの下)がビショビショと言っていいくらい湿る(夏場のみ)
  • 洋服(特にわきの下)が常に湿っている(通年)
  • 厚手の洋服でもシミが目立つ(通年)
  • 緊張感が高まっている時だけ大量発汗する
  • 汗の量もニオイもひどい

さまざまなタイプの方がいると思いますが、これだけでは病気と判断できません。間違った対策を講じれば悪化させる可能性もあります。制汗剤などを使用すると軽減されることもありますが、何をしても改善しないという場合には多汗症やその他の病気を疑う必要があります。

汗(あせ)とは、哺乳類が皮膚の汗腺から分泌する液体である。およそ99%が水であるが、さまざまな溶解固形物(主に塩化物)も含む。o-クレゾール、p-クレゾール、および少量の尿素などの化学物質もしくは芳香化合物も含まれている。汗を分泌することを発汗という。

人間においては、汗は主として体温調節の手段であるが、男性の汗の成分はフェロモンとしても機能するという説もある。サウナ風呂などで汗をかくことには体から有害物質を取り除く作用があると広く信じられているが、これには科学的根拠はない。皮膚表面からの汗の蒸発には、潜熱による冷却効果がある。よって、気温の高い時や、運動により個体の筋肉が熱くなっている時には、より多くの汗が分泌される。緊張や吐き気によっても発汗は促進され、逆に寒さにより抑制される。

ウィキペディアより引用)

汗自体は悪いものではなく、人が体温調節をするためには必要なものであることがわかります。しかし、「筋肉が熱くなっている状態」「緊張状態」「吐き気」などが起こる時も発汗が起こります。

  • 筋肉が熱くなる→運動後に起こりやすい
  • 緊張状態→交感神経が優位な時(ストレス、興奮、恐怖心など)、自律神経の乱れ
  • 吐き気→風邪、熱中症、飲み過ぎ、食べ過ぎなど

このなかで通年のわき汗の量に関係してくるのが「緊張状態」です。

  • 仕事が多忙でリラックスする時間がない
  • 金銭的な不安が常にある
  • 子育てや介護による悩みを抱えている
  • 人間関係の悩みがある
  • 更年期である
  • 思春期である
  • 生理不順

など

これらの悩みや体調の変化があると、自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れが起こり、気温に関係なく汗が出やすい傾向にあります。

思い当たる節がなく、ニオイのない水のような汗がほんのり湿る程度に出るのであれば心配することはありませんが、体の不調と合致するのであれば自己流対策はやめましょう。

スポンサーリンク

自分でできるわき汗の対策方法

体の不調とは関係なさそうな汗であれば、自己流のわき汗対策でも気にならなくなります。

ちなみに、ちまたに溢れるツボ押し情報ですが、皮膚科医に相談した時に「勝手にやらないでください」と注意されました。理論を知っている国家資格保持者(あん摩マッサージ指圧師)にやってもらうなら問題ないですが、ド素人が感覚で押しても無駄だそうです。間違った場所を押すのは体に害を与えるため、インターネットや本の情報だけでやらない方がいいと言われました。その為、ここにはツボ押し情報は載せませんでした。

制汗剤の使用

選ぶ時は、制汗有効成分が含まれる医薬部外品の商品を選びましょう。主な成分は「焼ミョウバン」「クロルヒドロキシアルミニウム」「酸化亜鉛」です。

制汗剤によく使用されているのは「焼ミョウバン」「クロルヒドロキシアルミニウム」で、一時的ではあるものの汗を出にくくしてくれます。「酸化亜鉛」はミネラルファンデーションに使用される成分ですが、こちらも汗を出にくくします。

汗の量によりますが、洋服が軽く湿る程度であれば制汗剤を使用することでかなり軽減できます。抗菌成分も一緒に含まれているので、菌の繁殖によるニオイの発生も断ち切れます。

汗取り用のパッドを使用

制汗剤だけでは心もとないという方は、汗取り用のパッドを使用しましょう。制汗剤と汗取り用のパッドを併用だとニオイも気にならなくなります。

使い捨ての「わきの下に直接貼るタイプ」「衣服に貼るタイプ」と、繰り返し使える「ブラジャーに装着するタイプ」「インナータイプ」があります。使い捨ては旅行で使用するのは便利ですが、うまく貼れなかったり肌が荒れたりすることがあるため、繰り返し使えるタイプを選ぶことをおすすめします。

夏場にキャミソールやノースリーブだけで過ごしたい方には向きませんが、袖ありの洋服であれば汗ジミの心配は少なくなります。

食事や飲み物に気を付ける

夏場はスパイシーなものを体が欲しませんか?汗が出て涼しくなりますが、出かける前や仕事中などは避けるようにしてください。冬場でも、汗をかきたくない状況であれば避けるべきです。少なくとも、出かける前に汗をかきやすい食事をするのはやめましょう。

飲み物も同じですね。体を冷やさないためには温かい飲み物が必要ですが、汗をかくと困る場面ではできるだけ常温の飲み物で対応しましょう。臨機応変が大切です。

生活リズムを整える

昼間や頭を働かせている時は交感神経が優位です。脳は無意識のうちに興奮したり緊張したりしているので、結果的に汗の量を増やすことになりかねません。

寝る前のテレビ・スマホなどは禁物!1日のうちで必ずリラックスをする時間を取り、睡眠時間もしっかりと確保しましょう。

生活リズムが崩れると、知らないうちに自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れも起こしやすくなります。汗以外の不調も出てくるので、生活リズムをないがしろにしてはいけません。

わき汗がひどい人のための治療方法とは?

いろいろな対策をしても、わき汗の量が変わることはほぼありません。滝のように出てくるとなると、悩みを通り越してうつっぽくなりますよね?例え周りが気にしていなくても…。そのような悩みは医療の力によって解決してしまいましょう!

私は幸いにも滝のような汗ではありませんでしたが、年中わき汗が出ていることに悩んでいました。娘の通う皮膚科で医師に生活習慣等も含めて相談したところ、治療をするほどではないことが分かりました。

子育て中は悩みが尽きず、生活リズムも自分の思い通りにはなりません。リラックスする時間がほとんどなかったため、「体が常に緊張状態なのでは?」と言い当てられました。「悩みをためない」「生活リズムを整える」などを心がけたら、以前よりも汗の量は減りました。

メジャーな治療方法
  • 多汗症の手術(汗腺の切除):ニオイが完全に取れるとは限らない
  • ボトックス注射(ボツリヌス毒素注射):4カ月くらいで再発する

どちらにもメリットとデメリットは存在します。今は美容皮膚科でもこれらの施術が受けられますが、良質な美容皮膚科を選べる自信がないのであれば最初から訪れるのは避けた方がいいでしょう。

したたり落ちるほどの深刻なわき汗で悩んでいるのであれば、ペインクリニックで相談してみましょう。外用薬対応・薬物療法・ボトックス注射(ボツリヌス毒素注射)・ETS手術(胸腔鏡下交感神経節遮断術)などのさまざまな提案をしてもらえます。

治療方法によっては完治が難しいですが、日常生活での悩みが改善されるので、保険適用・保険適用外なども考えて相談してみてください。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

森林
森林