暮らしのヒント

私や義母、周囲の人間が「やせた方がいい!」と何度も口にしたのに聞く耳を持たなかった夫が、あることを切欠にダイエットを決意しました(子どもたちからは豚さんと言われていた(笑))。

私が協力をした結果、4カ月で20kgの減量に成功しました(2歳の娘、2人分です)!

わりと簡単にやせる方法でリバウンドもしないので、何度もダイエットに挫折した人はぜひ参考になさってください。

スポンサーリンク

巨体が簡単にやせる方法はあるの?

夫にダイエットの決意をさせたのは、夫自身の体が悲鳴を上げていたからです。

ダイエット決意までの経緯
  1. 1カ月以上も頭痛に悩んでいた。
  2. 知人に教えてもらった病院(電気治療)へ行った。
  3. 血圧測定をしたら上が180!時間を空けて再測定すると200に!
  4. 医師から「これでは治療ができません。内科へ行くことをおすすめします」と言われる。
  5. 内科でも血圧は180で、高血圧の治療を始める。
  6. 血圧計を購入し、血圧管理手帳に毎日記入する生活が始まる。

夫は、この時になって初めて体の危険性を感じたようです。死に至るかもしれない危機を感じて、2日くらいは落ち込んでいました(だから、「やせて」と言ったのに!(怒))。

幼子3人を残して死ぬ訳にはいかないという気持ちがようやく芽生えたのか、「やせる」という気持ちに切り替わってくれました。私も一緒になってやせる方法を考えました。

夫の身長は172cmで、適正体重は約65.1kgです(BMI22)。この時点での体重は87kgだったので、22kgの減量が必要だと判明しました。ちまたにあふれる簡単にやせる方法では太刀打ちできません!ちょっと運動をしたところで落ちるはずもないので、まずは食事制限から始めることにしました。

巨体だけに、簡単に落とせるかは不安でしたが、血圧を正常値にまで下げるための食事制限ということで、「何カ月で何キロやせる!」という目標はいっさい立てずに取り組むことにしました。

やせるために必要な食事方法を公開!

高血圧が発覚するまでの夫の食生活と言えば、散々たるものでした。

  • 朝:お茶漬け(時間がないのでサラッと食べて出て行く生活)
  • 昼:社食でこってり系の食事
  • 夜:21時過ぎにこってり系ラーメン

仕事の関係上、帰宅が遅いため、外で毎日のようにラーメンを食べていたようです。仕事中もお菓子をポリポリ食べ、夜中にテレビを見ながら炭酸系の飲み物とスナック菓子を食べていました(私は力尽きて眠ってしまいます)。こんな食事を続けていたら、高血圧になるのは当然ですね!倒れなくて本当に良かったと思います。

参考にしたレシピ本 塩分カット⇒スーパー糖質制限へ

食事方法として最初に取り入れたのは、塩分カットの食事です。以前、私が2人目を妊娠中に妊娠糖尿病の疑いで食事制限をすることがあったので、その時に購入した本を参考に作りました。

鶏はムネ肉、豚はヒレ肉、豆腐は木綿、野菜を多く使った料理で塩分を気にしながら作っていきました。

塩分カットの食事方法を続けていたら、1カ月で7.6kgの減量に成功しました。太っている人はやせやすいのです。夫も私も食事制限だけでこんなにもやせるとは思っていなかったので、体重が減っていくたびに「このまま頑張ってやせよう!」と握手をしてしまいました。

問題の血圧ですが、薬の力も手伝って【145/83】まで下がりました。

しかし、夫にとっては良い食事方法でしたが、私の血圧まで下がってしまうトラブルが起こりました。ミネラル分の不足に陥ったのでしょうね!あまりにも味気ない食事だったので、子ども達はおいしそうに食べてくれなくなりました。

塩にはナトリウムやマグネシウムなどが含まれるので、控えすぎてもいけないことは分かっていたのですが…。このままだと他の病気にもなりかねないので、しっかりと人間らしい食事をしながらやせられる食事方法をと思い、ライザップのレシピ本を2冊購入しました。

ライザップの食事ルールは、「主食を確実に抜く」「1日3食をしっかり摂取」「たんぱく質のおかずをメインに摂取」です。要は糖質制限食なので太りにくいですし、何よりも空腹感を感じさせません。

レシピ本にはボリューム満点のおかずレシピがたくさん載っており、子どもたちも飽きずに食べてくれるようになりました。私の血圧も元通りになりました。

ある日の食事例

今は体重が安定したので昼はご飯類も食べていますが、基本的に朝と夜は抜くようにしています。ダイエットを始めた当初は、3食とも主食を抜くスーパー糖質制限食を実行していました。

春から職場環境が変わったため、ランチはお弁当を持って行くようになりました。

ライザップのレシピ本にあるおから蒸しパンが気に入ったようで、こちらは頻繁に作っております。たまに低糖質パンを焼いてみたり、手抜きでブランパンを購入してもらったりしています。ご飯を入れる時は卵や大豆料理をプラスして、ご飯は50gくらいに抑えています。

夕飯まで時間が空くので、おやつにくるみやアーモンドや寒天ゼリーを日替わりで食べているようです。

夜は完全に主食抜きで、肉・魚・大豆・卵をしっかりと食べてもらうようにしています(肉・魚と野菜はこの倍は食べます)。ポテトサラダに見えるのは「ポテサラ風おからサラダ」です。

やせるための効果的な運動は?

7.6kgの減量に成功した時は、「血圧を下げるためで、ダイエットをしてるわけじゃない」と思いながら毎日を過ごしていたみたいです。サイズダウンした服が着られるようになり、本人は満足してしまったのでしょうね。しかし、これくらいの減量では周りには気付かれず、まだまだ体には負担がかかる体重であることは明らかでした。

もう少し頑張ろうと思っていた矢先にライザップのレシピ本を購入したわけですが、体重の減少が少なくなって焦り始めました。水分が抜けただけですからね…。「何を勘違いしているの?」と内心は思っていましたが(笑)。「便が出ない、体重が減らない」と愚痴を言い始めたのです(はぁ、面倒くさい)。

今まで運動などしたことがないので、筋肉は全くと言っていいほどありません(あるのは脂肪のみ)。ライザップのレシピ本を本人にも読んでもらい、「この先、健康的にやせるためにはしっかりと運動をするしかない」と話し合いました。

太っている人に効果的な運動方法は、食事をしてから30分以内に体を動かすことです。食後は血糖値が上がりますが、これを下げるのにインスリンというホルモンが出ます。別名「肥満ホルモン(※)」とも言われているインスリンは約30分くらいで力を発揮するので(人によって差がある)、この間に糖質をエネルギーとして使おうという作戦です。

※インスリンが肥満ホルモンと言われるのは、余ったブドウ糖(筋肉細胞や肝臓に蓄積できない)を中性脂肪に変える働きがあるからです。

今まで運動をしてこなかった夫が選んだのは、家で眠っていたダイエット器具『ツイストステッパー』に乗ることでした。ながら運動ができてストレスを感じずに続けられ、1000回ステップ運動をした後は自己流の筋トレをすることが日課になりました。

飲み会等で外食をした日は1駅手前で降りて歩いて帰宅したり、休日は車に乗る時間を減らして家族で近所を散歩したり、子ども達と公園へ行って走り回ったりと、日常生活の中でできる運動を取り入れるようになりました。無理な運動は体に負担がかかってしまうので、「食事をしたら体を動かす」を心掛けて運動しています。

87kgの巨体が適正体重に近付いた全貌を公開

ライザップのレシピ本による糖質制限や夫にとって効果的な運動を取り入れた結果、87.4kgだった夫の体重は67.4kgまで落ちました。

分かりにくくて申し訳ありませんが、左は昨年の海水浴時の写真で右が現在の様子です。当時はパンパンだったパンツが今はブカブカです。

服のサイズはXLからMになって不経済ですが、結婚以前(約16年前)のサイズに戻ったことに本人は喜んでおります。

周りから「やせた?」と言われる喜びや久しぶりに鎖骨を見る喜びを感じ、何よりも二重あごが取れて顔がスッキリしたことに小躍りをしております(でも、イケメンにはなれない悲しい結末…)。子ども達からは「ブタさん」と言われなくなって本人はうれしいみたいですが、「前の方が強そうで良かった」などと言われています。

当然ですが、血圧も正常値まで下がって頭痛はなくなりました。毎日の食事管理はストレスを感じる日もありましたが、夫の意識が変わって頑張っている姿が見られたので続けられました(現在も継続中)。「大きな病気にならなくて良かった」と心から思います。

私も同じ食事を摂取することで奇麗にやせられるというメリットがありました。やせるということは、見た目が変わるだけではなく、健康的でいいことづくめです。

何をやってもリバウンドの繰り返しという方は、脳を切り替えるという意味でも、スーパー糖質制限や効果的な運動方法を取り入れてみてください。痩せた後もコントロールしやすいので、リバウンドはしにくいですよ!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

森林
森林