暮らしのヒント

七五三のお参りに着る服装は、女の子だと基本的に着物を選ぶと思いますが、男の子は袴とスーツで悩まれる方も多いですよね?

我が家は5歳のみの1回だけだったので、夫婦の意見としては「レンタルできる袴で」と考えていました。ところが、夫の母親が「当日は汚したら大変だからスーツを買ってあげるわよ」と言い出し、どう対処するべきか迷いました。

袴もスーツもかわいらしいのは確か!本当に悩みます。我が家の七五三服装事件が、「袴とスーツで悩んでいる」「親と夫婦で意見が対立している」時の参考になれば幸いです。

七五三のお参り 5歳の男の子の服装は何がベスト?

5歳の男の子の服装は袴と羽織が正装ですが、和装をしない現代では洋装(スーツ、普段着など)を選ぶ家庭が多いです。特に決まりはなく、家庭の事情や親の考えでどちらを選んでも問題はありません。

和装を選ぶ家庭
  • 一度きりのお祝いなので華やかにしたい
  • 似合いそうだから
  • 男の子が和装をするチャンスはめったにないと思うから
  • カッコイイから

など

洋装を選ぶ家庭
  • 3歳の時に袴を着たからスーツも着せてみたい
  • やんちゃ過ぎて着崩したり汚したりしそうだから
  • 疲れてぐずりそうだから
  • 親が洋装だから

など

親の自己満足と言われればそれまでなのですが、成人式の時にスーツを選ばれたら袴姿は見られないかもしれないので、我が家では「袴と羽織を着させよう」という意見になりました。

我が家の場合は夫婦の意見が一致しましたが、一致しない場合もありますよね?両家の親の意見が違ったり、地域によって和装が多い地域や洋装が多い地域があったりとさまざまです。

子どものことを思うがゆえのうれしい悩みではありますが、どちらかで迷った時は子どもの意見を尊重してみてはいかがでしょうか?

3歳の七五三では親の意見が主流になると思いますが、5歳になると自分の考えも言えるようになります。インターネットで画像を見せながら、本人に考えてもらう方法がいいと思います。我が家は夫婦の意見だけではなく、息子の意見も尊重しました。羽織袴を着た男の子の写真を見て、「俺、これがいい」と言ったものを選びましたよ!

夫の母親が「お参りの当日はスーツで」と話を振ってきた時も、とりあえずは息子の意見を尊重しました。おばあちゃんも、孫が「俺はこれを着る」と言い切られたら何も言えません。ただし、夫の母親の考えも尊重したいと思ったので、息子が聞いていないところで「きっと、食事に行く頃には疲れただの脱ぎたいだの言うと思うから、スーツも準備したいと思っていた」と伝えました。これなら、孫にスーツを購入してあげたいと思うおばあちゃんの気持ちも尊重できますよね!

スポンサーリンク

袴・スーツのレンタルを利用すれば万事解決!

我が家の場合、表向きは写真撮りもお参り時も袴を選びましたが、実際のところは2つを選択しました。袴とスーツで悩むのではなく、両方を選択することも考えると悩みの解消につながります。

「金銭的な問題が…」と悩まれる方も多いと思いますが、どちらかをレンタルもしくは両方ともレンタルを選ぶとかなり安く抑えられます。多くの方が利用する某フォトスタジオのセット平均単価(約5万円)よりも安いと思いました。

息子の内訳
  • 息子が気に入った色の羽織・袴をレンタル:7,800円(税込)⇒RENCA(レンカ)でレンタル
  • フォトスタジオ:私自身もお世話になった実家の近くにあるフォトスタジオ20,000円(税込/4カット)⇒両家への焼き増し分を除く
  • お参り当日に持って行ったスーツ:夫の母が購入したので実質無料

合計:27,800円

着付けに関しては、『RENCA(レンカ)』さんが公開している羽織袴の着付け動画を参考に、自分自身で着付けを行いました。

参照簡単!詳しい!七五三 着せ方動画|3歳・5歳男の子 羽織袴(着付)

フォトスタジオの前撮り(レンタル込み)に出遅れてしまった時や当日に写真撮影&お参りをしたい時には、個人でレンタルした方がずっとお得です。

両方を選ぶとなると、「購入するのはスーツ」と考える方が多いと思います。5歳児の成長は意外と早いので、「無駄になってしまわないかな?」と思われるかもしれませんが、1サイズ大きめのスーツを購入しておくと結婚式や小学校の入学式で着られます(着用前に丈詰めしてください)。インターネットで探せば、5千円〜1万円台で購入できるスーツもありますよ!

スーツは義理の妹の結婚式で着用しましたし、大きめサイズなので来年の入学式でも十分に着られそうです。それ以降は着る機会がなくなりますが、オークションで売ってしまえば無駄にはなりませんよね(我が家は購入していただいたのでためらっていますが(笑))。

袴&スーツの両方を選んで良かったこと

息子の七五三の日は、長女の7歳のお祝いと次女のお宮参りを一緒に行いました。私の母が手伝ってくれたのでてんやわんやというほどではありませんでしたが、私自身の気持ちに余裕はなかったです。

午前中にフォトスタジオで個人写真・家族写真を撮影し、そのままお参りをしました。その日はわりと雨が降っており、やんちゃな息子を歩かせるのに冷や冷やしておりました(精神的に疲れました)。

ピークは避けたいと思って10月に行ったものの、考えることは皆一緒でそれなりに混んでいました。想定内でしたが、ご祈祷が終わる頃には「疲れた〜。もう脱ぎたい!」と始まりました。車に戻るまでは我慢してもらい、車の中でスーツに着替えさせました。

その後、両家の親(夫の母、私の父母)を交えて食事をしたのですが、スーツがなかったらまともに食事もできなかっただろうなと思いました。神社内での羽織袴姿は非常に映えるので、お参り時に袴の選択をしたことは間違っていなかったと今でも思っています。しかし、スーツも選んでおいて良かったとつくづく思いましたよ!夫の母に感謝しています。

我が家は上が女の子なのでおとなしくしてくれていましたが、男の子だけだともっと大変でしょうね!袴は前撮り写真だけで終わらせ、当日はスーツ(レンタルまたは購入)という選択でもいいかもしれません。男の子の羽織袴の姿はなんともかわいらしい(カッコイイ?!)ので、せめて写真だけでも残すことはおすすめします。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

森林
森林