暮らしのヒント

「七五三のお祝いをするお金がない!」という場合でも、どうにかして形を残してあげたいと思うのが親心ですよね?

七五三は「この年齢まで無事に成長しました」という神様へのご報告や「これからの成長を見守ってください」という成長を願ってのお参りが主だったはずですが、ビジネスの参入で“お金をかける”という意味の豪華さが目立っています。

しかし、「何もしてあげられない!」などと嘆く必要はありません。お金がピンチの状態でも、安くて豪華にお祝いをしてあげる方法はいくらでもあります。ママ友や先輩ママさんたちにも取材して見えてきた“締めるところは締めて豪華にお祝いする方法”をご紹介します。

七五三のお祝いをしたいけどお金がない時の対処法

七五三のお祝いでお金がかかる部分をピックアップしてみました。

  • 衣装(着物・羽織袴・洋服・小物)
  • 着付け
  • 化粧・ヘアメイク
  • 写真撮影
  • 初穂料(ご祈祷・ご祈願)
  • 会食
  • 千歳飴

フォトスタジオや写真館などを利用すると衣装のレンタルや着付けなどがセットとしてついてくることもありますが、相場は3万円〜5万円です。お金に困っている時にこのような金額は出せませんよね…。

子供のこれからことを考えたら、生活費・教育費にお金を回すことが最優先!スタジオで写真撮影をしなければならない決まりはないですし、豪勢な会食を用意する必要もありません。

現状で捻出できるだけの予算を決めて、上手に節約をしたプランを練ってみましょう!

七五三の衣装を安く済ませるには?

七五三の衣装は頑張れば無料にすることだって可能です。

衣装を安く済ませる方法
  • 親戚・友人・知人から譲ってもらう(もしくは貸してもらう)
  • 貸衣装屋の処分セール
  • レンタル
  • リサイクルショップ
  • フリマアプリ・オークション
  • スーパーの店頭・地域にある広報の掲示板・フリーペーパーにある書き込み(譲ります)
  • 自治会が行っているレンタル(地域による)
  • 自分が着用した着物や羽織袴

いろいろな方法がありますね!

着物・化粧・ヘアメイク・ご祈祷・会食を1万円以内に収めた先輩ママのお話だと、フリーペーパーにあった「着物・小物一式をお譲りします」の書き込み先に連絡をして譲り受けたそうです。娘さんは着物が着られて大喜びだったとか!衣装代が0円だったので、ご祈祷(3,000円)と会食に回せたそうです。

私の娘が7歳の時に着用した着物は、母が奇麗な状態でしまっておいてくれた姉・私の着物です。もし、自分の着物や親戚等の着物があれば、使い回したり譲り受けたりする手もあります。親戚等から譲ってもらった時は、お礼にいくらか包むか菓子折りを渡すようにすれば気持ち良くお祝いできますね!

お金に少しだけ余裕があるなら、「レンタル」「貸衣装屋の処分セール」などを利用してみてください。息子がレンタルをした『RENCA(レンカ)』には、税込で4,800円という着物や羽織袴がありました。スーツやワンピースなどのレンタルもできるので、洋服でお祝いをしたい時にもおすすめです。

参照息子の内訳

貸衣装屋の処分セールでも、税込で4,000円台というものが存在します(男女とも)。

個人の方々が出品しているオークションやリサイクルショップを利用する手もあります。使用後は、翌年のシーズン中にフリマアプリやオークションに出品すればプラマイゼロにできます。

七五三の着物・羽織袴の着付けを安く済ませるには?

七五三のお祝いに着物や羽織袴を選んだ場合、美容室でお願いをすると着付けにお金がかかってしまいます。安く済ませるには自分で着付けるのが一番です!無料ですからね。

息子が羽織袴をレンタルした時にお世話になった『RENCA(レンカ)』さんの動画があるので、ぜひ参考になさってみてください。

私は着付けの経験がありませんでしたが、なんとか形になりましたよ!着物や羽織袴を選んだママ友や先輩ママも、口をそろえて「自分で頑張った」と教えてくれました。

七五三の化粧・ヘアメイクを安く済ませるには?

着物を選んだ女児の場合はお化粧やヘアメイクが必要ですよね?Youtubeに動画がたくさんあるので、器用な方はぜひチャレンジしてみてください。

ヘアメイクに関しては美容師にお願いしたというママさんも多いです。こればかりは得手不得手がありますからね…。

我が家の場合、3歳の時はフォトスタジオ(スタジオアリス)のセットプランで全部お願いしましたが、7歳の時は上記で紹介した動画のアレンジがいいとのことで必死に作り上げました(笑)。

ご自身でヘアメイクを行う際は、お子様と一緒にどんなアレンジがいいのかを探すと楽しいですよ!当日はてんやわんやすると思うので、事前に練習は必要だと思いますが。

お化粧に関しては、3歳なら口紅だけでかわいいです。7歳なら着物と同系色のアイシャドウと赤系の口紅をつけてあげると映えます。洋服の場合は口紅だけでもいいかもしれませんね。

七五三の写真を安く済ませるには?

写真撮影に関しては、フォトスタジオ・写真館・出張撮影をお願いする方法と、自分で撮影をする方法があります。当然、安く済ませられるのは自分で撮影する方法です!ただし、どちらにもメリットとデメリットがあります。

フォトスタジオ等

<メリット>

  • 最高の笑顔を引き出してもらえる
  • 何着も衣装を選べる(チェーン系フォトスタジオの場合)
  • 着付けやメイクなどが無料(チェーン系フォトスタジオの場合)
  • 天気が悪くても良い写真を撮影してもらえる(出張フォト)
  • 美しい写真に仕上がる

<デメリット>

  • おすすめされるままにオプションをつけると非常に高い(7〜8万円くらいまで上がる)
  • 早撮りでの割引プランでも最終価格が跳ね上がる
  • 子供が緊張しっぱなしということもあり得る
自分で撮影する

<メリット>

  • 自然な顔が撮影できる
  • 何枚撮影しても無料
  • 子供以外の撮影に関しても好きなようにできる
  • 気に入った写真だけをプリントアウトできる
  • お金がピンチの時は後からプリントアウトできる

<デメリット>

  • 天候が悪いと出来の悪い写真になる可能性がある
  • 最高の笑顔を引き出せない可能性がある
  • 家族の集合写真が取れない可能性がある

写真に関しては、もし撮影してもらえる家族・友人・知人がいるのであればお願いした方がいいでしょう。写真を趣味にしている人がいれば、その方にお願いしてしまいましょう。自分たちで撮影をすると、限られた写真になってしまいます。祖父母がいなければ、集合写真を撮影するのも難しいです。

ママ友には、友人に一眼レフを借りて近所の公園で撮影をしたというつわものもいます。デジカメも一眼レフも持っていないのでスマホ撮影にしようと思ったそうですが、大きく引き伸ばしたいからお願いしたら快く貸してもらえたとのことでした。もし、いいカメラを借りられるのであれば、天気のいい日に貸していただいて撮影会をしてみるのもいいかもしれませんね!

参照スタジオアリスの裏技的節約術で写真を安く購入する5つのコツ

七五三のご祈祷はする必要がある?

七五三のお参り時は、ご祈祷をする家族がたくさんいます。我が家もお願いしましたが、都内近郊の神社だと料金が設定されていて高いです(5,000円〜10,000円)。都心部だと一律で10,000円という神社もあるくらい!

特に決まってないところもありますが、それでも初穂料(祈祷料・祈願料)は3,000円〜10,000円の間で納めるのが一般的とされています。

ご祈祷は“絶対にしなくてはいけないもの”ではありません。お金がない時には神社にお参りして手を合わせるだけにしておきましょう。無理をしてまでお願いするものではないのです。

大きめの神社だとさまざまな家族が参拝に来ているので、周りの目が気になるのであれば近所の小さな神社で手を合わせるというのはいかがでしょうか。私の周りでも徒歩数分の神社でお参りしただけという家族は多いです。

七五三の会食を安く済ませるには?

七五三のお祝いに会食はつきものですが、家族だけでお祝いをする場合はそんなに豪勢にする必要はありません。

家でお食事をするなら、ちらし寿司やお赤飯を作り、後は子供が好きな唐揚げやフライドポテトなどを用意してあげればいいでしょう。好きな料理がたくさん並んでいる方が子供は喜びます。余裕があるなら、ケーキを作ってもいいかもしれませんね。

料理を作る余裕がないのであれば、ファミリーレストランやデパートのレストランフロアでお子様セットを注文するというのもいいでしょう。

1万円以内の収めた先輩ママさんは、家族だけでイセタンダイニングに行って少しだけ非日常を演出してあげたそうです。ファミリーレストランに比べると高めですが、他のところで節約したから豪華な食事にできたと!「ゴメンネ〜と思いながらも、子供が喜ぶなら結果オーライと思ったよ」と話してくれました。

「七五三のお祝いをしたいけどお金がない時の対処法」のまとめ

我が家の場合、3歳の七五三でフォトスタジオ(スタジオアリス)を利用して、5万円以上の支払いをしました(撮影・着付け・ヘアメイク等・お参り時のレンタル)。初めてのことなので奮発してしまいましたが、完全なる予算オーバーでした。息子の出産後でお金はピンチだったため、クレジットカードで分割払いをしました(笑)。

表向きは子供のためですが、結局は親の自己満足でしかないのかなと思う最近の七五三。

お金がない時は自分たちができる範囲でお祝いするのが一番!3歳のお祝いが難しいなら、時間を掛けてお金をためて5歳・7歳だけのお祝いにしてもいいです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

森林
森林