暮らしのヒント

ハロウィン用の飾りとしておばけを作りました。

工程は多いですが、5歳の息子(器用ではない)でも折れました。なかなか愛くるしいおばけなので、ぜひ一緒に作ってみてください。

折り紙で作るおばけの参考動画&写真解説

株式会社シティプランさんの『ハロウィンのおりがみ』を購入してチャレンジしています。

参考動画折り紙 Origami・おばけ Ghost(おりがみくらぶ)

息子が作りやすいように、少しだけ折り方を変えました。

後でつまずく部分があるので、本書にはありませんが三角を2回折っています。

ここまでは特にこちらが手を出さなくても折れました。

内側から外に紙を引き出すのですが、最初に2回三角を折って折り目をつけておくと混乱しにくいです。息子は苦戦していたので、少しだけ手伝いました。

ここからは折っていくだけなので、5歳の息子も説明するだけで折れました。

顔があまりにも適当な感じがしますが、これで完成形です。本には簡単バージョンのおばけも載っているので、これが難しいお子様には簡単バージョンをおすすめします。

※モデルは娘

折り紙でおばけ作り 子どもたちの感想

娘の雑な折り方は相変わらずですが、率先して弟に教えてくれたので助かりました(私にも)。

  • 娘:たくさん折らなきゃいけないから少し面倒だけど、怖くないおばけだから作るのが楽しかった!
  • 息子:超簡単だった!(一部、お手伝いはしましたけど(笑))

息子は、内側から紙を引き出す時に「俺、できない」とすねてしましたが、完成したら偉そうに「超簡単じゃん!」を連発しておりました。不器用な子どもでも、少しだけお手伝いをしてあげれば完成まで持ち込めます。

まとめ

おばけはハロウィンの時期ならではの飾りですね!後でリースにもできるので、いくつか折っておいて顔の表情も変えると豪華になります。

息子には簡単バージョンをすすめようと思いましたが、本人がやる気を出したので通常バージョンで折ってもらいました。下の娘もかわいいおばけが気に入ったようなので、ハチマキ風にした画用紙に止めて頭にかぶせてあげました。

子どもたちには浸透している行事なので、ワイワイと楽しみながら作ってみてください。

この記事を書いた人

森林
森林