暮らしのヒント

東京ディズニーランドの『ディズニー・ハロウィーン』とチッタグループの『カワサキハロウィン』が1997年にスタートし、徐々にメディアで取り上げられることによってじわりと浸透してきたハロウィンのイベント!

子どもの頃になかったイベントなので、昭和生まれの夫と私はピンと来ていませんが、「楽しめることは楽しもう」というのが我が家のスタンス!大したことはしませんが、子どもと一緒に折り紙でハロウィン飾りを作って楽しみます。

頼りになる折り紙の師匠(ママ友)もレパートリーがないということで、折り紙の電子書籍を購入して簡単なものから難しいものまでをチャレンジしてみました。

ハロウィン飾り 折り紙で作れる種類

『ハロウィンのおりがみ』を見ただけでは作りにくいものもあったので、本書を作成したシティプランさんが紹介している動画も参考にしました。

わりと簡単なハロウィン飾り
  • ドクロ(がいこつ)
  • おばけ
  • 魔女の帽子
  • お墓

など

アラフォー世代だと「折れる!」と言える方はほとんどいないと思います。娘・息子と一緒に、新しい文化の注入タイムですね!

コツのいるハロウィン飾り
  • かぼちゃのおばけ(ジャック・オ・ランタン)
  • かぼちゃのランプ
  • 教会
  • 魔女とほうき
  • コウモリのお菓子入れ(難しいけれどオススメ!!)

など

コツのいる飾りは、器用な娘もわりと苦戦していました。私も動画を見ながら、一緒に頭を使って作りました。

※今後も増えたら追加していきます。

幼児も作れる!ハロウィン飾りの折り紙〜簡単編〜

一部、手を貸している部分もありますが、不器用な5歳でも作れる折り紙の飾りをご紹介します。

ドクロ(がいこつ)

ドクロ(がいこつ)は折る工程が多いので、集中力のないお子様だと飽きてしまうかもしれません。

最後になんとも愛くるしい表情のドクロ(がいこつ)が完成するので、親が先に折るまたはお兄ちゃん・お姉ちゃんが先に折るなどをして見せてあげると幼児でも根気よく作ってくれると思います。

ドクロ(がいこつ)の折り方

おばけ

一部分だけ、鶴のような折り方をする箇所があり、息子には少し難しいようでした。その他の部分は単純に折っていくだけなので、それほどつまずくことはないでしょう。

おばけは単体で作るのもかわいいですが、リースにするとさらにかわいさが増します。

おばけの折り方

魔女の帽子

かぼちゃのおばけにかぶせてあげる魔女の帽子です。

難しい作業は一切ないので、器用なお子様であれば3歳くらいでも折れる気がします。小さい折り紙がなかったので、1/4サイズに切ってから折りました。

魔女の帽子の折り方

お墓

折り方自体は難しくありませんが、十字架にする部分の幅を間違えると変な感じになります。

お墓は後でリースにもできるので、たくさん折っておくといいでしょう。

お墓の折り方

折り紙の種類を選ぶと雰囲気もガラッと変わります。

ハロウィン飾りの作り方〜難しい編〜

折り方が難しいというよりは、細かい作業が多いので幼児だと難しく感じるかもしれません。苦戦しながらも、娘はなんとか完成させていました。

かぼちゃのおばけ(ジャック・オ・ランタン)

書籍だと折りにくかったので、動画を参考にしながら折りました。

折り方自体はそれほど難しくないので、一緒に折ってあげれば幼児でも作れるはずです。息子は最初から諦めていましたが…。

かぼちゃのおばけの折り方

かぼちゃのランプ

ひだを作ったり、2つをつなげたり、細かい作業が多くて娘も苦戦していました。息子は最初からやろうとはしませんでした(面倒くさそうということで)。

ランプとは程遠い出来上がりになってしまいました。燃えたら怖いので、実際に光は灯しておりません。

かぼちゃのランプの折り方

教会

奇麗に仕上がっているように見えますが、ここにたどり着くまでに時間を要しました。途中の工程がわかりにくいので、動画なしでは作れませんでした。

器用なお子様であれば、どうにか作り上げることができるでしょう。

教会の折り方

魔女とほうき

これは魔女の顔を作る部分が複雑で、本だけでは難しかったです。

説明できる部分は矢印で示したので、動画と併せて参考にしてみてください。

一応、子どもでも折れました。

魔女とほうきの作り方

コウモリのお菓子入れ

これは動画もアニメーションもないため、仕上げるまでに時間が掛かってしまいました。電子書籍だけが頼りです。

子どもは苦戦した上に、途中で断念しています(私が教えたら完成できました)。

難しいですが、子どもが一番に喜んだ作品です。ハロウィンパーティをする予定がある方は、ぜひ作ってみてください。幼児は特に喜びます。

コウモリのお菓子入れの折り方

ハロウィンリース(番外編)

『ハロウィンのおりがみ』には、いくつかをつなぎ合わせてリースにする方法も紹介されています。

本の通りに「ドクロ(がいこつ)」「お墓」「おばけ」「かぼちゃのおばけ」をつなぎ合わせましたが、他のアイテムを組み合わせてもかわいらしく作れると思います。

子どもたちのセンスに任せてリースにしてみるのもいいかもしれません!我が家では、毛糸をテープでくっつけてドアに飾ってみました。

以上、「子供でも作れた!ハロウィン飾り 折り紙での作り方〜簡単編&難しい編〜」でした。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

森林
森林