暮らしのヒント

肌の弱い子供を持つ親としては、「ハロウィンメイクをした〜い!」と言われるとものすごく困りますよね!

  • 敏感肌用の化粧品を使う?
  • メイク以外の抜け道はある?
  • 敏感肌の子供でもできるフェイスペイント用品はある?

その時は良くても、あとで苦しむのは子供です。

いろいろと試した結果、肌の弱い娘がパッチテストをして問題なく使えたフェイスペイント用品を4つだけご紹介します。自分で描かなければいけないのがネックですが、「子供の肌が第一優先!」と思うのであれば参考にしていただければ幸いです。

注意具体的な診断がついているお子さんは、必ず主治医の指示に従ってください!

ハロウィンメイクに使える安全性の高いフェイスペイント用品4選

フェイスペイント・デコカラー(ミニボトル5色セット)

プロのメイクアップアーティストも使用している「日本フェイスペイント協会」のフェイスペイント・ボディペイント専用絵の具です。水だけでも簡単に落とせるので、肌への負担が最小限で済みます。

「絵が描けない!」という方は、ステンシルを使うと奇麗に描けると思います(子供でも簡単に描けます)。

デメリット
  • 汗で落ちやすい
  • こすると落ちやすい
  • 筆を別購入しなければいけない
  • 絵心がない人には扱いが難しい
  • 服につくと落ちにくい
メリット
  • プロのフェイス&ボディペインティングアーティスト集団『デコデコ』がプロデュースしている
  • 口に入っても害がない
  • 塗りやすい
  • 色を混ぜることによって多彩な絵が描ける
  • 水だけで落ちる
  • 重ね塗りをした部分は石けん水で落ちる

汗さえかかなければ、長時間でも十分に耐えられるフェイスペイント用品です。ボディ用なので、自然に馴染みます。

成分:顔料、アクリルエマルジョン、アロエベラ葉エキス、防腐剤、水

MANLEY フェイスペイント クレヨン

水で簡単に落ちるフェイスペイント用のクレヨンです。

なめらかに描けるので、肌への刺激が少ないのはうれしいですね!子供同士でも楽しみながらハロウィンメイクができます。

デメリット
  • 服や手につきやすい
  • 細かく描くのに向いていない
  • 色によっては目立ちにくい
  • 汗で落ちやすい
  • こすると落ちてしまう
メリット
  • EU玩具共通安全規格『EN17』をクリア(『EN17』の詳細はこちら
  • 欧州化粧品規制『76/768/EEC』をクリア(『76/768/EEC』の詳細はこちら←英語のPDFです)
  • 描きやすい
  • 指で簡単にグラデーションが作れる
  • 洋服についても石けんだけで落とせる

長時間は保ちにくいため、家や幼稚園・保育園などの室内パーティで使うのがベストだと思います。

成分:水添豚脂、グリセリン、炭酸カルシウム、クエン酸、ロウ

フェイスペイント クロマクリル

アクリル絵の具ですが、手や衣服についても石けん水だけで洗い流せます。オーストラリアでは学校教材として使用されています。

乾くとそれなりの耐水性があるので、外で行われるイベントにも向いています。カラーバリエーションも豊富!

デメリット
  • 大汗をかくと落ちてしまう
  • 厚塗りをするとヒビが入る
  • 色をそろえると価格が高い
メリット
  • APマークを取得(人体に無害で安全と認めるアメリカの基準)
  • 少しの汗では落ちない
  • 普通の絵の具としても使えるので無駄にならない
  • 筆を使い分けることで立体的なメイクができる
  • 色を混ぜることによって多彩な絵が描ける
  • 石けん水だけで落とせる

わりと本格的な絵が描ける上に、サッと洗い流すことができます。ハロウィンが終わった後も使い道があるので、購入しても損はありません。

成分:アクリル樹脂、顔料

Face Painting (Klutz)

描き方(英語)の本とパレット(筆付き)がセットになっています。絵心がなくても見ながら描けるので、子供から大人まで楽しんでフェイスペイントができます。色は6色だけですが、混ぜればたくさんの色を作ることができて便利です。

こちらはカテゴリーが本なので、パレットが肌に合わなくても購入する価値はあります。

デメリット
  • 説明が英語表記である(写真付きなので描くのには問題なし)
  • 汗で落ちやすい
  • こすると落ちやすい
  • 筆が細くて塗るのに苦労する(太い筆もあった方がいい)
メリット
  • 説明が豊富なので誕生日やイベントなどのフェイスペインティングとしても活用できる
  • 石けん水だけで落とせる
  • 細かい描写ができる

※英語表記のため、成分が分かりません。

「肌が弱い子供のハロウィンメイク」のまとめ

今の時代、100円均一でもハロウィン用のフェイスペイント用品は手に入りますが、肌に使用するものは肌の強い大人の私でも避けてしまいます。

剥がすタイプやシールタイプもありますが、肌の表面を傷つけることを考えると使用は避けたいものです(大人も!)。

上で紹介した商品は、あくまでも娘が48時間のパッチテストで問題がなかった商品です。合わないお子さんもいると思うので、安心して使える日本製の『フェイスペイント・デコカラー』、欧州の厳格な化粧品基準をクリアしている『MANLEY フェイスペイント クレヨン』のどちらかを候補にしてみてください。

「いきなり使うのは怖い!」という方は、主治医に成分を見てもらってOKが出たら使ってみるといいですよ!できる範囲のメイクをして、ハロウィンのイベントを楽しんでもらいましょう。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

森林
森林