暮らしのヒント

彼女や妻を喜ばせようとしてプレゼントを選んでも、反応がイマイチだったことってありませんか?男性と女性とでは、感性が違うので仕方がありませんが…。

いつも喜んでいると思っている人も、決して安心してはいけません!「実は喜んだふりをしている」なんてこともあります。

男性が選ぶプレゼントと、女性が喜ぶプレゼントには温度差があることが分かりました!

「女性が喜ぶプレゼントって一体何?」と頭を悩ませているのであれば、ぜひとも参考にしていただきたいです。次の誕生日・クリスマス・記念日には、喜んでもらえるかもしれません。

  • 調査対象:10代〜50代の男女
  • 調査人数:各100名

クラウドワークスを利用)

※男性の調査結果をもとに、10名(各年代2名ずつ)の女性に座談会をお願いし、いろいろなご意見を伺いました。

スポンサーリンク

女性が喜ぶプレゼントとは?

男女ともに、プレゼントの種類は9種類に分類してお聞きしました。

  1. アクセサリー類
  2. バッグ
  3. 洋服
  4. 小物・雑貨
  5. 花束
  6. 旅行
  7. 食事
  8. お金
  9. その他

(複数回答あり)

男性と女性の回答する年代に少しだけズレがあったのですが、男性と女性の回答には大差がありませんでした。

多くの男性が自信あり!女性が喜ぶと思うプレゼントはコレ!

男性が選ぶプレゼントで、圧倒的に多かったのがアクセサリー類でした。

40代の回答が多かったので、3番目に花束が入っています。これは、20代では見られない傾向です。

彼女や妻が本当に喜んでいると確信できたのかを聞いたところ、75%の方が「自信あり」と答えていました。

その他の回答

毛ガニ、ライブ(フェス)のチケット、手作りスイーツ、手料理を振る舞う、エステのチケット

女性は厳しい!喜んでいるふりをしている人が32%

女性がもらったことのあるプレゼントで多かったのも、アクセサリー類が多かったです。同率で小物・雑貨類もありました(20代・30代の回答が多かったことも影響)。

アクセサリーは定番ですよね!しかし、安心してはいけません。

「もらった時の本音は?」という質問に対し、68%は“心からうれしい”と答えてくださいましたが、32%の方が“喜んだふりをしている”と答えています。全員がアクセサリー類をもらっていて、「センスが合わない」「好みのものではない」という回答でした。

厳しい本音を書いてくださった方は、他にも洋服・バッグ・小物といった身に付けるものをいただいていることが多いです。恋人同士だと本音が言えず、「仕方がなくネックレスをつけてデートに出かける」と回答している方もいました。

スポンサーリンク

男性に起こったプレゼントに関するエピソード

男性には、プレゼントに関するエピソードをお聞きしました。回答の一部をご紹介します。

“自信なし”と回答した方

20代男性

以前から「欲しい!」と言っていた、サマンサタバサのバッグをプレゼントしました。全く同じものを自分で買っており、私が贈ったプレゼントは意味がありませんでした。

おねだりアピールだと思ってプレゼントに選んだら、自分で購入してしまったパターンですね。

ファッション雑貨や小物(財布、時計など)やバッグは、自分で購入できる金額だと買ってしまう可能性は大いにあります。社会人は特に!

でも、こういう場合は女性に思いやりがないだけかもしれません。無駄なアピールは紛らわしいですし、仮に購入してしまっても内緒にしておけばいいだけですからね。自信はなくさなくていいと思います。

40代男性

「一緒にいてくれるだけでプレゼントはいらない」と言われたので、本当に何も用意しませんでした。その日は、ずっと不満そうでした。

彼女や妻の言葉をうのみにしてしまうと、大変なことが起こります。本当に裏表がない人だと問題ありませんが、実は何かを期待しているなんてこともあります。

彼女・妻がどういうタイプであるのかを、しっかりと分析しなければいけませんね。男性の苦手分野だとは思いますが…。

40代男性

ペットショップにいたピーターラビットを見た妻が「かわいい」と言ったので、誕生日に中が見えない箱に入れてプレゼントしました。渡す瞬間に、ゴソゴソっと大きな音がして、かなりビックリしていました。

サプライズのし過ぎといったところでしょうか。サプライズが好きな男性も多いですが、苦手な女性は多いので、シンプルに渡すのが失敗のないプレゼントの方法です。

“自信あり”と回答した方

座談会で、特に話題になった回答をご紹介します。

20代男性

プレゼントも大事ですが、渡すまでの演出やサプライズの方がもっと大事だと思うし、サプライズには力を入れるようにしています。夜中の0時にいきなり家に突撃するとか、冷蔵庫を開けたら指輪とケーキがあるとか、いくつかの方法をやったことがあります。

30代男性

彼女になったつもりで考え、自分では買わないけどあったら便利、2つ目・3つ目ぐらいに欲しい、という小物(時計やアクセサリー類、バッグ、靴など)を贈ることにしております。

40代男性

妻が、何を欲しいのかがよく分からないので、誕生日には現金を渡して好きに使ってもらっています。好きな物を買ってきて、私に喜んで報告してくれます。

50代男性

付き合っている時から、妻が「誕生日にもらって一番うれしいものは花束」と断言していたので、10年近くたっても喜んでくれています。

女心と秋の空〜女性の本音大暴露〜

回答していただいた方の彼女でもなければ妻でもないので、全てに当てはまるわけではありませんが、女性が秘めている本音をテーマ別に話していただきました。

身に付けるプレゼントはもらってうれしい?

身に付けるものは、やはり自分の好みに合わないと使いにくいですよね!「うれしい」と「センスによる」が同率でした。

10代女性

私のことを思って選んでくれているからうれしいですが、洋服に合わないこともあるし、「今日はネックレスしていないの?」とか言われるとつらいです。

40代女性

恋人時代だった20代と子育て中の今では、好みが全く変わってしまいました。夫は覚えていてくれて、誕生日や記念日に好きだったブランドの商品を贈ってくれますが、TPOに合っていないので、クローゼットに眠ったままです。

うれしくても、正直に「困るなあ」と思う女性が多いようです。

20代女性

彼氏が選んでくれたものなら、なんでもうれしいです!

心からうれしいという女性もいます。でも、男性の皆さんはうのみにしないでください。

“自信あり”の回答にどう感じた?

いろいろな意見が飛び交ったのは、先に紹介した4つの回答でした。あとは、「奥さんや彼女のことを尊重していていいと思う」という意見が多かったです。

サプライズ好きは要注意!

サプライズに関しては、好きな人と苦手な人がいるので気を付けてください。

サプライズが好きな人の意見としては、「私のために時間を費やしてくれた」「いろいろと考えている彼氏や夫を愛おしく思う」といった声が挙がりました。

一方で、「毎度だと疲れる」「家に突撃されても迷惑」「サプライズが好きな人は自意識過剰だと思う」「喜ばなきゃいけないのかと思うと憂鬱(ゆううつ)」といった厳しい意見もありました。

どうやって見極めるのがベストかをお聞きしたら、以下のような意見があったので参考にしてみてください。

  • 友だちが彼女(または妻)にサプライズした話をして、女性の反応を見る。イマイチな反応なら、やめておく。
  • サプライズの演出を特集しているテレビや動画を見て、面倒くさそうな顔をしていたらやらないこと。

ごもっともな意見ですね!

彼女・妻になったつもりは危険!

女性の心は変わりやすいので、“つもり”でプレゼントを選ぶのは危険だという意見が出ました。

回答者の「自分では買わないけどあったら便利、2つ目・3つ目ぐらいに欲しい」に対しては、女友だちならうれしいと考える人が多かったです。彼氏・夫という立場であれば、「リサーチ不足かな…」という意見に同調する人が6割でした。

お金は絶対ダメ!

未婚者からは「お金なんて有り得ない」という意見が、既婚者からは「好きなものが買えるのはいいけれど、プレゼントではない」という意見が出ました。

ただし、40代や50代からはこんな同情もありました。「年々、物欲が消えていくから、リサーチするのは大変だと思う」ということです。筆者も40代で、以前に比べると物欲は少なくなりました。

「代替案は?」と質問してみたところ、食事・旅行・花束・エステのチケットなどが挙がりました。これらのプレゼントをしたことがない方は、参考にしてみてください。

プレゼントが変わらないのはNG!

「○○が一番うれしい」は真に受けてはいけません。これは、全員の考えが一致しました。女心は複雑だと、つくづく感じた瞬間です。

「うれしいのは本当だが、それ以外にもうれしいと思えるものはある」というのが女性の本音だと思いましょう。

同じものをプレゼントし続けるのは、思考を止めてしまっていますよね?リサーチをしようとしていないとも受け止められるので、たまには違うものをプレゼントしてみてください。

その他の回答についてどう思う?

好印象だったのは、「エステのチケット」「手料理を振る舞う」「手作りスイーツ」でした。

特に、エステのチケットに関しては、既婚者から「これはうれしい!」という声が挙がりました。子育て中であったり、仕事と家事に追われていたりすると、体や顔のメンテナンスをしたいと思ってしまうことが女性にはあります。

手料理や手作りスイーツは苦手な人がいると思うので、休む暇もない奥さまには「ゆっくりしてきて」とプレゼントするといいかもしれません。

彼氏や夫にプレゼントをもらうのはうれしい?

話し合ってもらって結果、最終的に「彼氏や夫からのプレゼントはうれしいか?」をお聞きしました。

1名だけ苦手と仰っていましたが、それ以外の方はうれしいと回答してくださいました。

苦手な人は、「子どもの頃からプレゼントをもらう習慣がないから」ということでした。「お金を使わせてしまって申し訳ない」という気持ちもあるそうです。

彼女や妻が苦手なタイプであれば、無理して用意する必要はないですね。

「女性が喜ぶプレゼントって一体何?」のまとめ

基本的に、女性はプレゼントをもらってうれしいと感じています。

ところが、「もっと私の心を読み取って」という気持ちも少なからずあるため、喜んだふりをする人も存在します。

彼女・妻とコミュニケーションを取り、次回のプレゼント選びには“今、もらってうれしいもの”を選んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

an
an