暮らしのヒント

「誕生日は自分が誕生した特別な日!」と思っている女性の皆さん、彼氏・夫が誕生日を祝ってくれないとしたら悲しいですよね?

「誕生日を祝ってくれない彼氏や夫には愛情がないの?」と思ってしまいますが、男性の本音は一体どんなものなのでしょうか?祝ったことがない男性の本音と、女性の気持ちをアンケート調査してみました。

  • 調査対象:10代〜60代の男女
  • 調査人数:各50名

クラウドワークスを利用)

初めての彼氏や数人目の彼氏でモヤッと感じている人は、今後の付き合いを続けるかどうかの参考にしてみてください。

スポンサーリンク

誕生日を祝ってくれない彼氏・夫の本音

実は、私の夫も当日に「おめでとう」と言ってくれるだけで、誕生日を特別に祝ってくれる人ではありません。でも、普段は行けないようなお店で食事をしたいと考える私が、自分でお店をチョイスしてごちそうしてもらっています。夫の誕生日は私が支払いますが、同じく普段はいかないお店に行きます(笑)。

付き合っている時からそうだったので、最初はショックが大きかったですが、愛情があることは分かっていたので慣れてしまいました。

一人っ子だし、親は共働きだったし、特別に誕生日を祝ってもらったこともないから、誕生日が特別な日だと思ったことがない。ただ単に年齢を重ねる日というだけ。

これが夫の言い分です。

私は家族や友だちに祝ってもらう習慣があったので、特別な日と捉えていましたが、大人になった今は“生み育ててくれた親に感謝する日”と考えています。

夫の誕生日に関しては、義父母への感謝とともに、「元気に歳を重ねてくれてありがとう」と考える特別な日だと思っています。夫とは、単純に価値観の違いだと冷静に分析しております。

では、彼女や妻の誕生日を祝ったことがない他の男性はどのように思っているのでしょうか?

誕生日を祝ったことがない理由は何?

70%の人たちが「誕生日を特別な日だと思っていない」と回答しています。「その他」も含めると、96%の人が愛情がないという理由から誕生日をスルーしているわけではないのです。

その他の理由はこちらです。

30代男性

イベント事が嫌いだからです。

にぎやかなことが嫌いなタイプなので、彼氏や夫がこのタイプなら諦めるしかありません。

20代男性

誕生日だったことをすっかり忘れていました。

うっかり系の彼氏や夫であれば、事前に誕生日アピールをしておくと祝ってもらえる可能性があります。

40代男性

お金がないから祝ってあげられません。

こういうタイプの人は諦めた方がいいでしょう。プレゼントの準備は無理でも、「おめでとう」を言うくらいはできますからね…。

この他には、彼女や妻が祝ってもらうのが嫌いという人もいました。

「誕生日を祝ってくれないなんて!」と思ってしまうのであれば、その彼氏とは別れた方がいいですし、ましてや結婚などしない方がいいでしょう。

自分の誕生日は祝ってもらいたい?

「彼女や妻が祝ってもらうのが嫌い」と答えた人で、「自分にとっては特別な日だから祝ってもらいたい」という人たちがいました。ところが、相手の誕生日を特別な日だと思っていないにも関わらず、自分の誕生日は祝ってもらいたい(=特別)と考えている人もいました。

結婚してから、この価値観の違いに気付くとつらいものがありますが、恋人同士なら別れる指標になります。自分は一度も祝ってもらったことがないのに、彼氏の方から誕生日アピールをされる場合は、思い切った決断をした方がいいかもしれませんね。

自分の誕生日をどのように捉えていますか?

誕生日を特別な日だと思っていない人たちは、通過点にしか過ぎないと考える人がほとんどでした。

20代男性

歳を取るだけの普通の日です。

30代男性

ただの日付けの一致なので、実質的には何ら意味のないものだと思っています。

40代男性

30歳を超えたらどうでもいいかなと思っています。

50代男性

カレンダー通りにやって来る、ひとつの通過点です。

60代男性

若い時はめでたい日だと思っていましたが、今は年を取るだけで何もめでたくない日です。

全部はご紹介できないので各年代で一つだけピックアップしましたが、特別に感じていない人のほとんどが単なる通過点としか考えていませんでした。

アンケートでは突っ込んだ質問はしていないのですが、親に感謝しているのかどうかを夫に確認したところ、「それは常に感謝している」と答えていました。自分の誕生日を祝ってくれないからといって、“愛情がない”とか“感謝の気持ちがない”とかではないと考えた方がいいですね。

男性は、基本的に記念日に疎いです。ましてや、おなかを痛めて子どもを産むことは絶対にないので、この世に生を受けた日としか思っていない人が多いと考えた方がいいでしょう。

捉え方は人ぞれぞれですが、学生時代の友人たちもそのような傾向にありました。彼女が祝ってくれるから、自分も祝ってあげるという感覚が生まれてくることもあるようです。

面白いことに、男の子を育てた経験のある友人たちからも、「子どもの頃から誕生日会をやっていても、男の子は誕生日におめでとうなんて言ってこないよ」「彼女ができて、初めてプレゼントをもらったよ」などの話を聞いています。

SNSで友人が彼氏や夫から祝ってもらうのを見てしまうと、「どうして私は……」と思ってしまう気持ちも理解できますが、比較しても無意味かもしれませんよ!

スポンサーリンク

誕生日を祝ってくれない彼氏・夫にどう感じる?

女性は友だち同士で誕生日を祝うような習性があるため、ドライな考え方を持つ人以外は誕生日を特別な日だと感じる人が比較的多いです。自分の誕生日じゃなくても、子どもが生まれることによってさらに特別感を感じるようになる人もいます。

彼氏・夫に誕生日を祝ってもらえないことに関して、どのような気持ちを抱くのでしょうか?女性には、「あなたの彼氏・夫は誕生日を祝ってくれますか?」と、別の角度から質問をぶつけてみました。

祝ってもらっているのは60%

彼氏や夫から誕生日を祝ってもらっている人は60%ほどでした。個人的には「少ないなあ」という印象ですが、男性の本音を知るとこれくらいの割合が妥当なのかもしれません。

おもしろいことに、未婚者と既婚者で誕生日に対する捉え方も違っています。

20代女性

誕生日を祝ってもらえないと、寂しい気持ちになります。別にプレゼントがほしいとか、サプライズとかはいらないので、せめて「おめでとう」の一言は欲しいです。関心がないとか感謝していないのかと思ってしまいます。

20代女性

私は小さい頃から誕生日は盛大にお祝いをしてもらっていたし、大人になった今でもお祝いをしてもらえるので、誕生日を大切にしてくれない人とは付き合えないと思います。むしろ、誕生日のお祝いをしない人がいることに驚きます。

30代女性

もう祝ってもらえるような年齢ではないですが、誕生日は特別な日なので何か思い出に残るようなお祝いをしてほしいと思います。ただし、こればっかりは相手の気持ち次第なので「祝ってよ!」と催促はせず、時に身を任せて誕生日の日を過ごしています。

未婚者は祝ってもらえないと寂しい気持ちになる人が多いようです。ところが、「祝ってもらっている」と答えた既婚者は、「祝ってもらえればうれしいが、別になくてもいい」と考え方が変わっていきます。

30代女性

何年も一緒にいれば、特に祝ってもらわなくてもいいかなと思うけど、付き合い始めの頃だったら少し寂しいというか、「ん?私、愛されてる?」と不安になるかもしれません。でも、年に1回だけ、形式的に祝ってくれる人より、普段から自分のことを思いやってくれる人の方が数倍良いと思います。

30代女性

結婚して10年以上たつので、仕方なく諦めています。もう、年を重ねてもうれしくない年齢なので、別にお祝いしてくれなくても問題ないです。と、最近は思えるようになりました。ただし、子どものお祝いを忘れてたら怒ります。

心の奥底には「祝ってもらえたらなあ」という気持ちがあっても、それ以外で満足していれば不満も感じにくいようです。

結婚すると祝ってもらえない!?

「祝ってもらっていない」と答えたのは、既婚者が90%を締めていました。「祝ってもらっている」と答えた既婚者とは違い、このような本音が見えてきました。

50代女性

若い時だったら悲しいかもしれません。今は年も取って、そんなに気にしてないのですが、今年の誕生日は完全に忘れられていました。主人の誕生日の時は、何日も前からいろいろと言ってくるので、私の誕生日の日にちくらい、お祝いはなくても覚えてほしいなと思いました。

“相手の誕生日を特別な日だと思っていないが、自分の誕生日は祝ってほしい男性”が、年齢を重ねるとこうなるという典型例ですね!こうなることを受け入れられない人は、結婚の話が出る前に別れておきましょう。

40代女性

結婚したばかりの頃、食事に連れて行ってくれた事はありましたが、今は食事どころか「おめでとう」の言葉さえなくて寂しいです。高価なプレゼントを買ってほしいとかぜいたくは言わないので、せめて「おめでとう」の一言くらいは欲しいと思ってしまいます。

この方の場合は結婚したばかりの頃の話ですが、男性は結婚するまではそれなりに努力をするため、誕生日が特別な日だと思っていなくても彼女のために無理をして尽くすことはあるようです。ところが、もともと特別な日だと思っていないので、結婚した途端に誕生日をスルーしてしまう人もいます。

結婚してからも誕生日を祝ってくれるかどうかは、結婚してみなければ分からないこともあります。誕生日を特別な日だと思っている女性は、できるだけ価値観が似た男性と結婚した方がストレスは感じないかもしれません。

「誕生日を祝ってくれない彼氏・夫には愛情がない!?」のまとめ

男性の本音でも分かるように、誕生日を祝ってくれないからといって愛情がゼロというわけではないので、このことによって悲しい思いをするなら話し合うしかありませんね。ただし、こればかりは価値観の違いなので、こじれることも覚悟で話し合いましょう。

他の面で愛情を感じられるのであれば、誕生日だからといって特別扱いしてくれなくても不満は抱かないものです。

彼氏や夫との関係性を、もう一度見つめ直してみてはいかがでしょうか。誕生日を祝ってくれないことで愛情の有無を推し量ろうとするのは、日々のお付き合いや生活で知らないうちにたまっている不満からくるものかもしれませんよ!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

an
an