暮らしのヒント

「おでかけのヒント」の記事一覧

ap bank fesに子連れで参加する時の注意点や持ち物などのまとめ

公開日:更新日: コメントなし

2018年につま恋でのap bank fesが復活したということで、元常連だった私がお伝えできる(子どもが産まれる前なのではるか昔)、子連れで参加する時の持ち物や不要なもの、フェス参加に当たっての注意点などをお伝えします …

上の娘が1歳になってから恒例行事となっているいちご狩りは、かれこれ9年続いております。北関東では最大?!栃木県の益子町にある『JAはが野益子観光いちご団地』に行っているので、子連れのファミリーにおすすめのポイントをドーン …

結婚してから観に行くようになった調布の花火大会!かれこれ10年ほど、我が家の恒例“夏”行事となっています。 上の娘が1歳になるまではメイン会場(京王多摩川会場)に行っていましたが、その後は超穴場スポットで観るようにしてい …

夫の実家も私の実家も都内にあるので車で帰省しますが、年に一度だけお盆または年始に夫の祖母宅(名古屋)に帰省します。 車でも行ける距離ですが、渋滞のことを考えると新幹線で行くのが一番!しかし、3人も子どもがいると持ち物の選 …

東京23区出身の森林です。「お盆や正月にこそ東京旅行をするべき!」と思って過ごしていましたが、最近は外国人観光客の波にもまれて事情が変わってきています。 東京在住歴26年(現在は神奈川県在住)で今も頻繁に東京に出没する私 …

花火大会の人混みが苦手!百歩譲っての楽しみ方と誘いの断り方

公開日:更新日: コメントなし

夏のお楽しみ行事の一つに花火大会がありますが、どうしても人混みが苦手で「楽しめない!」「行きたくない!」と思ってしまう方もいますよね? 東京出身なのにラッシュが苦手で地方都市に移り住んだ私も、花火大会に誘われることが憂鬱 …

子どもの海デビューをさせたいのに、夫の夏休みはお盆の時期しか取れず、「お盆に海なんて絶対ダメ!」と言われてしょんぼりしているママ友がいます。 「お盆以降は海に入ってはいけない」。確かに、子どもの頃は親にも祖父母にも言われ …

子連れで夏フェスって絶対に楽しいですよね!我が家はまだデビューはさせておりませんが、子どもが生まれるまでは夫婦ともに夏フェス(主にフジロック、ap bank fes、サマーソニック)の常連でした。 若い頃からたくさんの野 …

夜空に浮かぶ大輪の花火は非常に美しく、「写真に撮ってインスタにアップしたい!」と誰しもが思いますよね?しかし、花火の写真はものすごく難しいです。スマホで奇麗に撮るとなれば、スマホの性質も知っておかなければなりません。 デ …

隅田川花火大会に合わせて「女子会をしよう!」と考えている方は多いと思います。女性グループで楽しむなら、野外よりも落ち着いた場所で鑑賞するのが一番!蚊に刺される心配も少ないですしね(笑)。 東京三大花火大会の一つである隅田 …