暮らしのヒント

同居している義母が認知症で、要介護1の認定を受けています。

以前は簡単にできたことが出来なくなってきたら、病院での診察をおすすめします。「え?」と思うようなことが度々起こるようになったら、進行している証拠です。しかし、最初の受診が難しいから、家族は悩んでしまいます。

認知症は、現代の医学では治りません。治らない病気なら、「早期発見!現状維持!」を心掛けたいものですよね?私の取り入れた方法が、悩まれている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

認知症の義母にはこうして病院に行ってもらった

嫌がる認知症患者を病院連れて行くには、ちょっとした工夫が必要です。初期の段階で、いきなり認知症だと突き付けられると、やはり本人へのショックが大き過ぎます。

もし自分なら、いきなり神経内科・精神科・脳神経外科に連れて行かれたら傷つきますよね?敷居の低い内科へ行く方が足を運びやすいです。病院のお世話になったことがないほど元気な方なら、自治体の無料検診(認知症以外)があることを告げるのも有効です。

最初は拒否されるかもしれませんが、認知症のことは触れずに、「○○が気になるから、内科に行ってみようか?」などと誘ってみましょう。

いきなり神経内科・精神科・脳神経外科などを受診するなると、不安が大きいせいか、本人も嫌がって受診したがりません。かかりつけの医師、またはこれから受診する病院に事情を伝えて、物忘れ外来に誘導してもらいましょう。

義母の診察は、夫が内科に連れて行く事から始まりました。義母にとって病院へ行くことは、大好きな息子とのお出かけです。

かかりつけの病院でも簡単な認知症テストがあり、医師の誘導でなんとか診察してもらえました。嫌がる義母に、「今は、○歳を超えるとみんなやるみたいだよ」と言い聞かせると、受けていましたよ。

病院に行ってしまえば、医師の言うことを聞いてくれるので、診察内容が認知症テストでも受診できました。これでも、私にとっては大きな一歩でした。

義母は血圧が高かったこともあり、認知症が進行しないように抑える薬と血圧の薬を処方されました。認知症を気にして不安そうにしている義母には、「血圧が少し高いんだって」と言って不安を取り除きました。

認知症の薬は軽いものから始まり、様子を見ながら、安定剤などを増やしたりなくしたりしています。これぐらいなら、義母も素直に病院に行ってくれます。

かかりつけの病院から忘れ物外来へ変わる時は紹介状を書いてもらい、本人には「年相応の軽い物忘れだから、忘れ物外来でいいんだって」と言い聞かせました。神経内科・精神科・脳神経外科よりも精神的不安は少ないようです。

やはり、病院で認知症と診断を受けることで、何もかもがスムーズに進みます。介護申請やいろいろなサービスを受けるためにも、早めの受診をおすすめします!

スポンサーリンク

上手に続けたい!認知症患者の通院と介護相談

義母は、飲んでいる薬が何なのかを忘れてしまします。しかし、飲んだ方がいいことは分かっているらしく、朝と晩の食後に必ず飲んでくれます。

時々、「これは何の薬なの?」と不安がって聞いてきますが、ちゃんと正直に答えます。認知症の進行を抑える薬と血圧の薬を飲んでいるので、そのまま説明しますが、やっぱり本人が気になるのは認知症の薬です。

認知症の薬と聞くと本人が情けなくなって涙が出ることもありますが、「病気が進まないように飲もうね」と話すと素直に飲んでくれます。

飲み忘れも少ない方なので、薬がなくなる頃には病院で診察してもらいます。通院は1カ月半ぐらいのペースです。

通院の日は息子とデートできる日!義母は喜んで病院へ行ってくれます。連れて行くのは誰でもいいのですが、通院のイメージを少しでも良くしてあげることが継続できるコツですね。日頃の信頼関係も必要だと思います。

慣れた病院なら、定期健診へ行くのはあまり不安ではないようです。夫も、いつも通り連れて行ってくれるので私も楽でしたが、困ったことが一つだけありました。

夫は、日中の様子をほとんど知りません。認知症の症状については報告していますが、毎日見ていないので「大したことたいしたことではないだろう」と思っているようです。自分の母親だから、あまり大げさにしたくないのかもしれませんね。

継続して通院する時は、必ず普段から介護している人が一緒に行った方がいいです。義母の場合、私だけでは嫌がるので、夫と義母と私の3人で行くようになりました。

我が家にとっては、これが一番の解決策でした!介護している私も全てを話すことができ、医師も理解してすぐに対応してくれます。

定期的な通院で、医師には今の状態を把握しておいてもらうことも大切です。診察結果や薬が変わらなくても、介護する側の話を聞いてもらうだけで不安もなくなりますよ。

「嫌がる認知症患者を病院に連れて行った苦肉の策とは?」のまとめ

認知症患者が、初診や継続通院ができるようにするには、病院に良いイメージを持たせることが重要です。重い病気などとは思わせず、健康診断のつもりで行くといいですね。

継続して通院をする際には、主介護者がおかしいという症状をメモに取り、手短に症状が説明できるようにしておくといいですよ。我が家の場合は夫に通院を任せていたので、私が義母の調子が悪くなったと感じる時も同じ薬が処方されていて、不安になることが多かったです。

現状維持をするために、少しおかしいと気付いた時点で行動してみてください。普段からどこかの科に通院している人であれば、一緒に着いて行って相談してみるのもいいでしょう。「あれ?」と思ったら、即行動がベストです。プライドは傷つけないように心掛けながら、何度もトライをする心の準備もしてくださいね。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

K
K